平塚版 掲載号:2016年12月8日号 エリアトップへ

穂積選手 リオ五輪報告会 サポーターズクラブも発足

スポーツ

掲載号:2016年12月8日号

  • LINE
  • hatena
会場となったサンライフの竹内惠司会長から花束を受け取る穂積選手
会場となったサンライフの竹内惠司会長から花束を受け取る穂積選手

 平塚市在住のプロテニスプレーヤーで、リオ五輪にダブルスで出場した穂積絵莉選手(22)の報告会(福澤正人実行委員長)が1日、ホテルサンライフガーデンで行われた。地元企業の代表や市テニス協会、落合克宏市長など、95人が参加した。

 穂積選手はなでしこ小、浜岳中学校の出身。通信制の高校に通いながら国内外の大会に挑んだ。高校卒業間近の2012年1月にプロ転向。14年の仁川アジア大会ではシングルス・団体で銅メダルを獲得するなど、頭角を現してきた。

 リオ五輪では1回戦で全仏オープン優勝のフランス代表、ガルシア・ムラデノビッチペアに勝利。ロシア代表との2回戦は、隙を捉えきれず、惜敗した。リオ五輪公式ユニホームで登場した穂積選手は「悔しさもありましたが、トップクラスの選手に尻込みせずに、力を出せたことは自信になりました」と振り返った。

 オーストラリアやカナダ、台湾など各国を飛び回り、大会出場している穂積選手。実行委員会は「報告会で集めた参加費の余剰金を、自己負担で賄っている海外遠征のための渡航費などに充ててほしい」と、穂積選手に寄付した。

 穂積選手は「商店街に掲出された幟など、地元からの声援はとても力になった」と感謝していた。

 同日、後援会「穂積絵莉サポーターズクラブ」の発足も発表された。後援会費は遠征費、強化費に充てられるほか、親睦会の開催も予定されている。問い合わせは同事務局【メール】info@erihozumi.comへ。

平塚版のトップニュース最新6

医療従事者へ感謝の灯

平塚市

医療従事者へ感謝の灯 社会

南口噴水をライトアップ

5月28日号

新「吾妻橋」が開通

県道63号金目川

新「吾妻橋」が開通 社会

右折レーンで渋滞解消へ

5月28日号

ウェブで市民対話

龍城ケ丘プール跡地

ウェブで市民対話 政治

コロナで説明会できず

5月21日号

規格外 無駄なく商品化

JA湘南

規格外 無駄なく商品化 文化

農産品の消費拡大目指す

5月21日号

市内にPCR検査場設置

1日10件、対応可能に

市内にPCR検査場設置 社会

5月14日号

「10万円給付」受付スタート

平塚市

「10万円給付」受付スタート 政治

5月下旬から支給へ

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク