平塚版 掲載号:2018年7月12日号 エリアトップへ

市博物館 「赤い惑星」に迫る特別展 火星大接近にともない企画

文化

掲載号:2018年7月12日号

  • LINE
  • hatena
同館が撮影した火星
同館が撮影した火星

 15年ぶりに火星が大接近することに合わせ、平塚市博物館が7月14日(土)〜9月9日(日)、夏期特別展「火星〜赤い惑星のひみつ」を開催する。午前9時〜午後5時。8月7日(火)〜12日(日)はイブニングミュージアムウィークとして午後7時まで延長。入場無料。

 大接近のピークは7月31日。赤く輝く火星のようすは現在でも肉眼で確認できるという。展示では探査機が撮影した火星の風景をスクリーンに映したり、火星と地球の位置関係を体験したりするブースもある。

 会期中、火星研究の最先端を垣間見る記念講演も開催。東京大学大学院工学系研究科の宮本英昭教授を招いた「火星探査の最前線」は8月4日(土)午後3時30分〜5時。定員先着70人。8月25日(土)には「火星の将来探査技術 火星航空機とその先」を、JAXA准教授の大山聖氏を招き開催。午後3時30分〜午後5時。定員先着70人。

 特別展にあわせた関連事業は次の通り。

♦プラネタリウム特別投影「星空の古代史〜国史に現れた火星」8月5日(日)午後3時30分〜4時20分。料金200円(18歳未満、65歳以上は無料)。定員先着70人

♦プラネタリウム夏番組「火星人っているの?」7月21日(土)〜8月26日(日)、午前11時〜、午後2時〜(8月第2、第4(土)午前11時の回を除く)。観覧料200円(18歳未満、65歳以上無料)。定員70人

 そのほか、同館はクラウドファンディングを活用して購入した望遠鏡を使い「星を見る会」を予定している。火星のほか、土星、木星などの惑星を観察する予定。7月31日㈫、8月3日㈮、10日㈮、17日㈮が各午後8時~9時45分。9月7日㈮が午後7時~8時30分。

 問い合わせは同館【電話】0463・33・5111へ。
 

ひらしん平塚文化芸術ホール

和洋折衷を融合させた竜馬四重奏が平塚初上陸!6月8日18時30分開演

https://hiratsuka.hall-info.jp/

<PR>

平塚版のトップニュース最新6

農業体験で自立支援

NPO法人ぜんしん

農業体験で自立支援 社会

ひきこもり・不登校改善へ

5月12日号

景況指数4期ぶり悪化

平塚信金景気調査

景況指数4期ぶり悪化 経済

小売業況が大幅下落

5月12日号

地域連携で文科大臣賞

太洋中区読書推進協

地域連携で文科大臣賞 文化

市内で10年ぶりの受賞

5月5日号

リトアニアと交流今も

港小学校

リトアニアと交流今も 教育

両国児童 春題材に発表会

5月5日号

梅屋本館 9月に閉館へ

梅屋本館 9月に閉館へ 社会

老朽化に伴い営業断念

4月28日号

2年連続ゼロ達成

平塚市待機児童

2年連続ゼロ達成 教育

保育ニーズへの対応奏功

4月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook