平塚版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

龍城プール跡 公園整備へ公募指針案 住民へ配慮し自然保護を強調

社会

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena
現在の龍城ケ丘プール跡地
現在の龍城ケ丘プール跡地

 平塚市は24日、湘南海岸公園龍城ケ丘ゾーンの整備・管理運営事業について、民間事業者の募集要項にあたる「公募設置等指針」「要求水準書」「指定管理者業務内容説明書」の各案を公表した。市民や参入意欲のある事業者から意見を募り、事業に反映させていく構えだ。

 龍城ケ丘プール跡地の東西約3万平方メートルに公園を整備する計画は、都市公園法のPark-PFI(公募設置管理制度)を活用し、民間事業者が公園を整備・運営する方向で検討を進めてきた。

 同制度は、事業者が公園内に売店や飲食店などを設け、その収益を広場や園路など整備費の一部に充てることで、市の負担を減らす利点がある。

 市は2018年6月、 一般会計補正予算に同事業費を計上。当初予定では、18年度内に事業者を選定し、20年度開設を目指していた。しかし、景観保護や情報開示を求める周辺住民の理解を得られず、市は市民の意見集約に時間をかける姿勢に切り替えた経緯がある。

 今回公表した同指針案は、「海岸の自然を大切にする」など公園整備の在り方を明確化し、周辺住民の声に配慮した。

 施設は、砂丘の自然と一体感のある広場と散策路▽マリンスポーツを楽しむ機能▽平塚の情報を発信する機能▽飲食・休憩施設・アンテナショップ、などの整備を求める。

 計画地は、Aエリア(プール跡地と西側の一部約9千平方メートル)▽Bエリア(プール跡地東側約1万5千平方メートル)▽Cエリア(同西側約6千平方メートル)に線引き。A・Bは「利便性と快適性を高めるエリア」とし、飲食・休憩施設、駐車場などを含め公園を整備。Cは「砂丘の自然を再生・かん養・保全するエリア」と定め、市民と協働で整備を進める考えだ。

 市は7月2日まで市民の意見を募集。事業者の選定後も提案内容を公開し、市民の意見を募る段階を踏む「平塚方式」で進めるとしている。

平塚版のトップニュース最新6

市内全チームが出場

高校野球代替大会

市内全チームが出場 スポーツ

晴れ舞台にむけ球児ら汗

7月2日号

回転寿司、焼肉店など決定

見附台再開発

回転寿司、焼肉店など決定 社会

民間施設のテナント誘致

7月2日号

旭出張所に最新鋭救急車

平塚市消防本部

旭出張所に最新鋭救急車 社会

ウイルス感染防止装置も

6月25日号

市内彩る七夕企画続々

市内彩る七夕企画続々 文化

元気届けるきっかけに

6月25日号

市内で「食」の支援続々

市内で「食」の支援続々 社会

企業やNPOなどが実施

6月18日号

仲間で協働 シールド製作

市内中高生

仲間で協働 シールド製作 社会

223個を教育・医療機関に

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク