平塚版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

浜大門通り新光会 「ぼんぼり酒場」にぎわう コロナ禍で一歩前進

社会

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena
会場を巡回する中村会長
会場を巡回する中村会長

 浜大門通りで19日、浜大門通り新光会(中村彰伸会長)主催の「ぼんぼり酒場2020」が開かれた。コロナ禍が依然として影を落とすなか、同会は地域活性にむけ自粛ムードに風穴を開けようと開催に踏み切った。

 平塚八幡宮の参道にあたる浜大門通りでは例年7〜9月、月1回のペースで「夕暮れ酒場」を開催。南北およそ100mの通りにテーブルと椅子を置き、各商店が酒類やおつまみを販売。開放感あふれる「酒場」は人気で、毎回1千人以上が訪れている。9月は八幡宮のぼんぼりまつりに合わせ、名称も「ぼんぼり酒場」として行ってきた。

 今年はコロナ感染拡大を受け、7・8月は中止に。役員会では9月のぼんぼり酒場に否定的な意見もあったが「駅周辺の多くの店が精神的にも疲弊している。閉塞感からの脱却が必要」(中村会長)と、1年2カ月ぶりの開催を決めた。

「勇気ある開催」

 イベントの事前告知はなし、通りも北側半分のみを使用、出店数は3店に減らすなど規模を縮小。椅子は置かず立食形式にするなどソーシャルディスタンスにも配慮した。来場者にはエタノールでの消毒など、感染症対策も強く呼びかけた。

 午後5時に始まると徐々に人が集まり飲食を開始。終了時刻の8時までにおよそ150人(主催者発表)が来場した。

 宝町から訪れた若林幸弘さん(54)は「勇気ある開催だったと思う。やはり街にはにぎわいが必要。規模は小さくても、楽しいひと時だった」と満足した様子だった。

 プロスポーツなどイベントの収容人数制限が緩和されている一方、市内では自粛ムードがまだまだ根強い。

 中村会長は「盲目的に自粛を続けるのではなく、可能な形で地域を活気づけるということをしたかった」と振り返り「当然ですが今後もコロナ対策は最優先。その上で今回のイベントを振り返りながら、地域活性の取り組みを考えていきたい」と先を見据えた。
 

平塚版のトップニュース最新6

地産地消で賑わい創出

(有)浜田牧場

地産地消で賑わい創出 文化

下吉沢でジェラート販売へ

10月22日号

中学3年生で起業家に

宝町在住高久さん

中学3年生で起業家に 社会

SDGs等 同年代に発信

10月22日号

コロナ影響?増加傾向

コロナ影響?増加傾向 社会

平塚署管内の交通事故

10月15日号

砲丸投げで全国へ

砲丸投げで全国へ スポーツ

土沢中の桑原さん

10月15日号

205台増設で待機解消へ

駅南口駐輪場

205台増設で待機解消へ 社会

一時利用は廃止

10月8日号

個性派マスクを募集

個性派マスクを募集 文化

「コロナ禍楽しもう」と企画

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク