神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2020年10月15日 エリアトップへ

育種家として第一線で活躍する花菜ガーデンのヘッドガーデナー 矢澤 秀成(ひでなる)さん 市内在勤 53歳

公開:2020年10月15日

  • X
  • LINE
  • hatena

園芸愛する心育む

 ○…園芸研究家としてNHK「あさイチ・グリーンスタイル」「趣味の園芸」などに出演する。今年4月、花菜ガーデンのヘッドガーデナーに就任したが、新型コロナ影響で休園真っ只中だった。「やっと講習会なども開催できるようになった。花菜ガーデンは研究者も大喜びの素晴らしいサンプルガーデン。まずはここにいるガーデナーたちを育て、魅力ある植物園にしていきたい」と園内をやさしいまなざしで見渡す。

 ○…「5歳の頃から育種して遊んでいた。メンデルの交配の図面が大好きだった」と幼少期を振り返る。農林水産省林野庁の研究員だった祖父、父を持ち、種の保存を目的に全国各地の樹林が植えられていた都内の官舎で暮らした。木に登って木肌のツヤを観察したり多色のオシロイバナを育てたりと、絶好の環境で植物への興味を育んだ。

 ○…これまで開発してきた新品種の花は300種ほど。その他、耐病性のあるレタスやニンジンなどの野菜の研究にも携わってきた。今や名産となっている鳥取や深谷のネギの開発を行った経験から「平塚は気候もよくもっと生産者がいてもいい地域。生産地として平塚にしかない品種を開発すべき」と期待する。

 ○…花や緑に関わる人材を育てたいと、全国各地に出張し、子どもたちを対象にした「育種寺子屋」を主宰している。柔らかい笑顔から、愛称は「ほそめ先生」。アサガオやビオラなど異なる色の株を交配させ、世界に一つの花作りに取り組む。発芽や開花など植物の変化を目の当たりにした子どもたちの目の輝きが原動力。「みんな本当にいい顔をしてくれる。園芸業界の衰退を防ぐためにも、子どもたちに植物の魅力を伝えていきたい」と植物を愛する心を育んでいく。

平塚版の人物風土記最新6

笹尾 敏子さん

平塚写真連盟の会長を務める

笹尾 敏子さん

松風町在住 81歳

6月13日

加藤 汐里さん

ポールダンスの世界大会で2冠を達成した

加藤 汐里さん

めぐみが丘在住 32歳

6月6日

兵頭 英明さん

平塚市合唱連盟理事長で「ひらつか七夕コンサート」の実行委員長を務める

兵頭 英明さん

中里在住 73歳

5月30日

佐藤 裕季子さん

4月から神奈川県平塚看護大学校の校長に就任した

佐藤 裕季子さん

平塚市在勤 56歳

5月23日

石井 清一郎さん

平塚警察署長に就任した

石井 清一郎さん

市内在勤 57歳

5月16日

大橋 波月さん

ライトフライ級日本8位にランクインしたプロボクサーの

大橋 波月さん

幸町在住 25歳

5月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook