平塚版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

平塚信金景気調査 景況指数4期ぶり悪化 小売業況が大幅下落

経済

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena

 平塚信用金庫は4月21日、今年1〜3月期の景気調査を発表した。景況感を示す業況DIは前期から9・0ポイント落ち込んでマイナス14・4となり、4期ぶりの悪化に転じた。製造業を除く全業種で下落しており、長引く新型コロナウイルスの影響や、原材料などの高騰が地元経済に影を落とした格好だ。

 調査は3月上旬、同信金と取り引きのある県央・県西部の製造、卸売、小売、サービス、建設、不動産の6業種319社を対象に実施。315社から回答を得た。

 全業種の今期(1〜3月)の業況DIはマイナス14・4で、前期(2021年10〜12月)比で9・0ポイント下落。21年4〜6月期から上昇を続けていたが、4期ぶりに悪化した。来期(4〜6月)はマイナス13・4へと小幅ながら改善する見込み。

 業種別では小売業の下落が目立ち、新型コロナの流行が本格化した2020年4〜6月期を下回るマイナス54・3(前期比△36・1ポイント)。売上・収益DIともに大幅に悪化した。

 唯一横ばいの製造業はマイナス3・2で、前回調査時の予想から8・3ポイント上向いた。ここ数年で最も落ち込んだ2020年4〜6月期から回復基調が続き、来期も横ばいの見通し。

原材料など高騰7割「悪影響」

 今回の調査では、原材料や仕入れ価格の上昇による影響についても聞いた。「危機的な悪影響がある」「かなり悪影響がある」「多少悪影響がある」を合わせた回答は74・0%に上り、1年前と比較して0〜3%上昇したとする回答が23・0%で最多。3〜5%が17・9%、5〜10%が18・2%、10〜15%が15・3%だった。

 原材料と仕入れ価格の上昇を販売価格に転嫁したとする回答は全体の76・7%。一方で、仕入れ先の見直しを検討していないという回答も43・2%に上った。

サービス業の人手不足深刻

 各業種が感じている経営課題について、サービス業では「人手不足」が最も多く39・7%。当面の重点経営施策でも「人材を確保する」が49・3%を占めた。

 製造、建設業ではともに材料価格の上昇が経営を圧迫する結果となり、経費の節減や販路開拓の重要性を感じている回答が目立った。

平塚版のトップニュース最新6

小林君が2年連続V

アマゴルフ高校生の部

小林君が2年連続V スポーツ

上級生との接戦制す

5月26日号

ごみ収集車の火災多発

ごみ収集車の火災多発 社会

今年度4件、ともに不燃物

5月26日号

殺処分ゼロを継続

県動物愛護センター

殺処分ゼロを継続 社会

犬は9年、猫は8年連続

5月19日号

100年前の掛け軸発見

岡崎在住佐藤さん

100年前の掛け軸発見 文化

再表装し岡崎神社へ寄贈

5月19日号

農業体験で自立支援

NPO法人ぜんしん

農業体験で自立支援 社会

ひきこもり・不登校改善へ

5月12日号

景況指数4期ぶり悪化

平塚信金景気調査

景況指数4期ぶり悪化 経済

小売業況が大幅下落

5月12日号

ひらつか☆スターライトポイント

平塚市民限定20%プレミアム付き!締切間近!24日まで申し込み

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/sangyo/page33_00078.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook