神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2024年5月2日 エリアトップへ

第18回鈴川鯉のぼりまつりの実行委員長を務める 川口 一正さん 岡崎在住 72歳

公開:2024年5月2日

  • X
  • LINE
  • hatena

急がず休まず諦めず

 ○…鈴川鯉のぼりまつりを取り仕切る実行委員長に今年2月に就任。コロナ禍では中止となっていた大住中学校吹奏楽部の演奏や、岡崎小学校児童の手作り鯉のぼり、子どもたちに人気のミニSLなども復活させ、活気を取り戻そうとまい進する。「晴れた空の下、箱根連山を眺めながら、子どもたちが楽しめるイベントになれば」

 ○…岡崎の農家の長男として生まれ育つ。中学時代は柔道や駅伝、江南高校ではバレーボールで地区選抜に選ばれるなどスポーツ漬けの日々を送った。ある時、物理学者・湯川秀樹の伝記を読んで、「急がず、休まず、諦めず」という言葉に感銘を受けた。中央大学では物理学を専攻し、「ものづくりで世の中の役に立とう」と志を立てた。

 ○…世は半導体全盛期。当時のコマツ電子金属に就職し、睡魔と闘いながら深夜まで顕微鏡を覗きこむ日々を過ごした。九州の工場新設に伴って異動の可能性が浮上。長男として家業を手伝う必要があるため、転職を決意した。新たな挑戦のフィールドは中学生の時に憧れていた数学の教諭。働きながら通勤前の時間を勉強に充て、秦野市の教員採用試験に合格した。それまで科学を相手にしていたのが、人間相手になると勝手が違う。時には不登校の生徒に真正面からぶつかり、部活動の顧問として生徒たちを見守った約30年の教員生活だった。

 ○…退職後は生まれ育った岡崎で地元への恩返しを始めた。今年3月まで自治会長を務めると、休む間もなく鯉のぼりまつりの実行委員長に。「中心メンバーの高齢化が課題」と苦笑しつつも、準備に勤しむ姿ははつらつとしている。「今、何よりの楽しみは孫の顔を見ること」と優しい眼差しを見せた。

平塚版の人物風土記最新6

笹尾 敏子さん

平塚写真連盟の会長を務める

笹尾 敏子さん

松風町在住 81歳

6月13日

加藤 汐里さん

ポールダンスの世界大会で2冠を達成した

加藤 汐里さん

めぐみが丘在住 32歳

6月6日

兵頭 英明さん

平塚市合唱連盟理事長で「ひらつか七夕コンサート」の実行委員長を務める

兵頭 英明さん

中里在住 73歳

5月30日

佐藤 裕季子さん

4月から神奈川県平塚看護大学校の校長に就任した

佐藤 裕季子さん

平塚市在勤 56歳

5月23日

石井 清一郎さん

平塚警察署長に就任した

石井 清一郎さん

市内在勤 57歳

5月16日

大橋 波月さん

ライトフライ級日本8位にランクインしたプロボクサーの

大橋 波月さん

幸町在住 25歳

5月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook