都筑区版 掲載号:2017年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

川和中出身森田選手

「夢はNPB」活躍誓う スポーツ

今春、プロ独立リーグへ

村田監督(左)と話す森田選手
村田監督(左)と話す森田選手
 川和中出身で今春、プロ独立リーグ「四国アイランドリーグplus」の徳島インディゴソックスに内野手(練習生)として入団した森田球斗選手(18)が卒業式前日の3月1日、母校・県立白山高校(緑区)を訪問。恩師らに活躍を誓った。

中高で大きく成長

 森田選手は同中学校時代、中学硬式の横浜青葉ボーイズに所属。小柄ながらも守備は群を抜いてうまく、周囲からも一目置かれる存在だったという。

 中高の6年間で身長が30センチも伸びると4番を打つほどの選手に成長(現在181cm/76kg)。横浜高校で涌井秀章選手(現ロッテ)と03年の春センバツで活躍した白山高校・村田浩明監督のもと、主将としてチームを率いた。

 「将来はNPB(日本野球機構)で活躍したい」と語る森田選手。巨人・坂本勇人選手のような打って守れる選手になりたいという。新天地ではアパートを借り、単身で夢に挑む。

 「これからが本番。気を引き締めて」と村田監督が声をかけると、森田選手は「教えていただいたことを胸に、精一杯頑張ります」と答えた。

 中学時代を知る横浜青葉ボーイズの小川英二会長は「私が知る当時は身体が小さかったが守備はうまくて完璧だった。とにかく野球が好き。身体が小さくともプロになれる。子どもに夢を与えられる選手になって欲しい」と話している。

関連記事powered by weblio


ボディエンスセンター南店

10/22(日)AM9:00~パーソナルスタジオがOPEN!

http://www.bodience.com

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6件

1000回公演を達成

腹話術師キャサリン野村さん

1000回公演を達成

10月19日号

馬風さんらに会場沸く

ハンドメイドで笑顔に

11月3日

ハンドメイドで笑顔に

10月19日号

区内巡り自然を味わう

つづきウォーク&フェスタ

区内巡り自然を味わう

10月19日号

古代の生活に想い馳せ

50・60代の女性を応援

10/22(日)は衆議院選挙へ

【注意】都筑区内6カ所の投票所が変更、詳細はHPへ

http://www.city.yokohama.lg.jp/tsuzuki/soumu/toukei/top.html

<PR>

都筑区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク