都筑区版 掲載号:2017年9月14日号

どうなる?区民文化センター 社会

区が住民にアイデア募る

市保有の文化施設用地(中川中央)
市保有の文化施設用地(中川中央)
 商業施設やマンションが立ち並ぶ都筑区の中心、センター北・南駅の間にある「港北みなも」の前の広い空地(中川中央)を知っているだろうか。この土地は、ニュータウン造成時から「文化施設用地」とされていたが、20年以上も塩漬け状態が続いていた。今後の活用などについて関係各位に取材した。

 土地全体の面積は約1万2000平方メートルあり、近隣の吾妻山公園(中川中央2丁目)の1・3倍程だ。横浜市はこの土地に、都筑区の文化芸術活動の拠点となる新しい文化施設「区民文化センター」の整備を前提とした、土地活用方法や事業手法の検討を進めている最中だ。

 文化施設用地の中で、区民文化センターの床面積は約3000平方メートルと想定されており、どういった施設になるかの全体像は、来年度の民間事業者決定後に、設計・施工に入っていくので、現段階では未定。

 そこで、都筑らしさを大切にした施設を目指すために、都筑区では独自の企画「区民文化センターについて考えるアイデアミーティング」を8月6日と9月10日に実施した。両日併せて82人の地域住民らが参加。プラネタリウム兼用のドーム型ホールや屋根付き野外ステージが欲しいなど区民の様々な意見を集約し、区の代表者や有識者からなる基本構想検討委員会で都筑らしい施設を模索していく。

夢スタジオは閉鎖

 文化施設用地には08年からこれまで「都筑の文化 夢スタジオ」が暫定施設として設置されていた。同施設では管理運営委員会(金子進委員長)が都筑の文化を発信する拠点として、コンサートやワークショップ、盆踊り大会などを企画してきたが、区民文化センターの整備に伴い、来年の3月末をもって閉鎖となる。

 金子委員長は区民文化センター構想が進む中で「役割は終えた」とし、「本格的な文化施設の整備で都筑の文化が向上することを望んでいる」と期待を込めた。

関連記事powered by weblio


都筑区版のローカルニュース最新6件

都筑区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期から昭和の北山田から 第10回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    9月21日号

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期から昭和の北山田から 第9回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    9月14日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/