さがみはら緑区版 掲載号:2017年3月9日号

橋本公民館

地域に音楽届けて100回 文化

住民有志が手作りで開催

橋本公民館の名物となったロビコン
橋本公民館の名物となったロビコン

 「地域の方々に身近に楽しい音楽を届けたい」との思いを込め、約9年間にわたり毎月1回、橋本公民館で開催されてきたロビーコンサート。節目の100回目を迎えた「記念コンサート」が3月11日(土)、午後2時(開場は1時30分)から4時まで、ソレイユさがみ(イオン橋本店6階)で開催される。

 同コンサートは、2008年に公募で集まった実行委員会(岸川栄子委員長)により、同年9月から毎月1回開催されている手作りのコンサート。プロ、アマ問わず、橋本を中心に活動する音楽家が無償で出演し、地域の音楽文化の普及に一役買ってきた。

 これまで演者はピアノ、声楽、三味線、ヴァイオリン、吹奏楽、ハンドベル、合唱、弦楽など本格的な音楽に加え、絵本リトミック、ベリーダンスなど踊りやパフォーマーなど多岐にわたる分野から出演。公民館ロビーという場所がら、施設を訪れた住民が気軽に見学できるよう、形にこだわらない自由な形式でコンサートは行われてきた。

 100回記念となる今回は、手話でダンスを表現するグループや男声アカペラ、フラメンコなどが出演。入場は無料だが、6年前に東日本大震災が発生した3月11日の開催ということもあり、当日は震災向けの募金箱も設置される。岸川委員長は「地域住民に、身近に音楽を楽しんで頂きたいと始めたコンサートがお陰様で100回目を迎えます。記念コンサートも皆さんお越しをお待ちしています」と話す。問い合わせは、橋本公民館【電話】042・771・1051へ。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

4月から会費を無料化

相模原市ファミサポ

4月から会費を無料化

3月23日号

「鳥獣被害の軽減を」

いざ、1部の舞台へ

ノジマステラ神奈川相模原

いざ、1部の舞台へ

3月16日号

相模ダム、大規模改修へ

母ちゃんずに感謝状

関連記事(ベータ版)

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/