逗子・葉山版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

時計の歴史辿る 文化

講座に30人

 「時計の歴史教室」と題した講座が先月25日、市民交流センターで開かれた。市内の小中学校で長年講師を務める渡邊貞雄さん(88)=小坪=が講師を務め、紀元前4千年から現代に至るまで、時計の歴史を解説=写真。約30人が耳を傾けた。

 会場には世界でも日本人だけが製作実用したという和時計など貴重な古時計約20点を展示。渡邊さんが構造や利用方法について説明したほか、時計の針について「機械式が生まれたのがイタリアと考えられており、北半球だと日時計が右回りになることから、針もそれになぞらえた」など知識が披露されると参加者らは興味深そうに聞き入っていた。

関連記事powered by weblio


逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月6日号

お問い合わせ

外部リンク