逗子・葉山版 掲載号:2017年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

三浦半島4市1町

官民でいじめ問題考える 社会

来月、横須賀で市民サミット

 社会問題となっているいじめや不登校の問題を考える市民参加型の会議が5月4日(祝)にヨコスカ・ベイサイド・ポケット(横須賀市本町3の27)で行われる。三浦半島地域の首長や現場で活動するNPO法人が参加。ゲストとしてお笑い芸人の堀内健さんも登壇し、多角的な視点から問題解決の糸口を探っていく。

 今回の会議は、横須賀市の元教員で現在は鎌倉で子ども支援の活動をしている滝田衛さんらが主催。三浦半島で活動する同志が集まり、現状を多くの人に知ってもらおうと実行委員会を組織した。

 文部科学省の調査(2015年度)によると県内では小・中学生合わせて約9千人が不登校の状態にあり、1年間で約8千件のいじめがあったとしている。こうした状況に滝田さんは「問題は子どもではなく大人側にあるという認識を広めていきたい」と主張する。いじめの加害者を生み出してしまったのも、不登校が教育の一つの選択肢ではなく、「良くないこと」という認識をしているのも全て「大人側」であることを訴えかけ、地域や行政、民間ができることを模索する。

 当日は横須賀市の吉田雄人市長をはじめ、4市1町の首長等が参加して、各行政の取り組みについて意見交換を行う。また実行委員会からは「いじめ加害者予防の研修を町内会などで実施する」「午前中から子どもの為に町内会館などを開放する」などの提言も行う。

芸人、堀内さんも参加

 各団体が行っている活動報告や討論会後は「ホリケン」こと堀内健さんが登壇する。滝田さんの教員当時の教え子であることから今回の企画が実現した。いじめや不登校の当事者である子どもたちとお得意の自由奔放な笑いを交えながら意見を交わし、彼らに元気や勇気を与える。

 時間は午後2時から4時半で入場自由(先着500人)。事例紹介を行う活動団体、堀内さんと話したい子どもを募集中。詳細や問い合わせは滝田さん【携帯電話】090・7212・4055
 

関連記事powered by weblio


逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

忘れぬ「あの日」と向き合う

市民劇団なんじゃもんじゃ

忘れぬ「あの日」と向き合う

10月6日号

心身リラックス「お寺ヨガ」

高齢者住宅事業に注力

ウスイホーム

高齢者住宅事業に注力

10月6日号

100歳祝い市長が訪問

「子ども食堂の運営資金に」

商工会青年部

「子ども食堂の運営資金に」

10月6日号

全国V2を報告

「逗子なぎさ」

全国V2を報告

10月6日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月6日号

お問い合わせ

外部リンク