平塚版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

東海大学ラグビーフットボール部主将で日本代表でも活躍する 野口 竜司さん 体育学部4年 22歳

日の丸背負い躍進

 ○…名門東海大学で主将を務める。今年も全国大学ラグビーフットボール選手権の出場を決め、早稲田大学戦を12月16日(土)に控えている。昨年度決勝で帝京大学に敗れた悔しさを胸に、全国制覇を目指す。「東海の強みはセットプレー。今シーズン意識してきたボールが動くゲームで流れを作って、選手権で優勝します」と、静かに闘志を燃やす。

 ○…ラグビーを始めた当初から最後列でゲームを見渡すフルバックを担う。「職人技」とも思える精密で力のあるキックは、小学生まで習っていたサッカーのおかげだ。中学校では2つ上の兄・大輔さん(近鉄ライナーズ)と同じラグビー部へ。「兄は気を使わずにプレーについて指摘してくれる。その場では反論もしてしまいますが、後から納得することばかり」と頭をかく。

 ○…177cm80kg。体重差のある選手にも勝てるように、ぶつかるときに身体を半分ずらし、相手をかわしながら前に出るプレーを身に付けた。東海大仰星高校時代の花園優勝や、高校、U20の日本代表など華やかな経歴を持つが、昨年の日本代表招集時は寝耳に水。「歴代の東海大主将がいる中、引っ張ってもらう側としてパフォーマンスに集中できた」と9試合連続先発出場も果たし『ポスト五郎丸』として存在感をアピールした。19年のラグビーW杯出場も決して遠い目標ではない。

 ○…部員との寮生活ももう終盤。「今の時間を大切に、いい準備をして4年間を試合にぶつけたい」と意気込む。休日は身体のケアとして部員同士で連れ立って温泉へ。「この間は山梨まで行きました。仲間と過ごす時間が長いのはチームワークにつながっていると思います」と下がった目尻にチーム愛が宿る。「グラウンドにいるだけで仲間が安心できるような存在になりたい。ロッカールームで何を話すかはまだ決めていないです」。ラグビー漬けの4年間を15番のユニホームに背負い、グランドを疾走する。

平塚版の人物風土記最新6件

水島 久光さん

12月9日と10日に開催される「湘南ひらつかメディフェス」の発起人

水島 久光さん

11月30日号

北澤 桃子さん

平塚まちなか美術館の実行委員長を務める

北澤 桃子さん

11月23日号

柳生 達也さん

地元平塚で凱旋ライブをするレゲエミュージシャン

柳生 達也さん

11月16日号

吉野 太さん

東京地方税理士会平塚支部長を務める

吉野 太さん

11月9日号

辰巳 勇貴さん

東海大学湘南キャンパス『第63回建学祭』の実行委員長を務める

辰巳 勇貴さん

11月2日号

杉山 陽子さん

このほど自著「日本の心 菅原道真」を上梓した

杉山 陽子さん

10月26日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク