小田原版 掲載号:2016年12月24日号
  • googleplus
  • LINE

職人と城北高生がタッグ

文化

西海子の一角で「大和張り」実践

玄能を小気味よく動かす
玄能を小気味よく動かす
 NPO法人おだわら名工舎(芹澤毅理事長)は11月25日、小田原城北工業高校建設科の生徒5人と西海子通りの保健所跡地そばにある棟門の改修を行った。同法人が取り組む職人育成研修事業の一環で、実践を通し伝統工法に精通した職人を育成するのが目的。小田原大工職組合が協力した。

 生徒たちは板を塀の前後に貼る「大和張り」の工法を学んだ。11月初旬から2回にわたり加工した杉板40枚を用いた。板を貼る前に、ささくれ防止の面取りを行っていた山道隆博君(3年)は「材の加工の方法や道具の使い方がとても勉強になる」と話した。改修後の棟門は、西海子通りに風情を添えている。

関連記事powered by weblio


未病戦略エリアBIOTOPIA

2018年 春オープン予定の施設など

https://www.biotopia.jp/index.html

<PR>

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「練り物でお寿司作ろう」

「練り物でお寿司作ろう」

かまぼこ博物館に新企画

10月14日~3月26日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月21日号

お問い合わせ

外部リンク