小田原・箱根・湯河原・真鶴版 エリアトップへ

2021年1月の記事一覧

  • 相談受付は要整理券

    小田原税務署の確定申告

    相談受付は要整理券 社会

     小田原税務署(荻窪440)は2月16日(火)から3月15日(月)まで(土日祝除く。2月21・28日は開場)署内に確定申告書の作成会場を設置する。...(続きを読む)

    1月30日号

  • 周年記念にエコバッグを

    周年記念にエコバッグを 文化

    デザインから完成までワンストップ

     タウンニュースのグループ会社、タウンニュース・ロコでは、社名やロゴマークを入れたオリジナルエコバッグの製作を行っている。費用は印刷代込みで1枚450...(続きを読む)

    1月30日号

  • コロナ検査支援を要望

    コロナ検査支援を要望 政治

    佐々木県議と小谷市議

     佐々木ナオミ神奈川県議と小谷英次郎小田原市議が1月22日、小田原市に「新型コロナ感染症拡大を防ぎ、市民の不安を払拭するための緊急要望書」を提出した。...(続きを読む)

    1月30日号

  • 感染症対策係を新設

    小田原市

    感染症対策係を新設 社会

    ワクチン接種 整備進める

     小田原市は新型コロナウイルスワクチンの接種体制整備を進めるため、福祉健康部健康づくり課内に感染症対策係を新設した。1月25日、守屋輝彦市長から同課の林万里副課...(続きを読む)

    1月30日号

  • 新たな利用ニーズを検証

    小田原市貸自転車事業

    新たな利用ニーズを検証 文化

    3月、新車種で実証実験

     小田原市は旅行者向けに実施している自転車貸し出し事業について、若年層利用を促進させるための実証実験を小田原城周辺で3月に実施する。今年度中にニーズなどを収集し...(続きを読む)

    1月30日号

  • 常盤悠選手がプロ契約

    小田原市出身

    常盤悠選手がプロ契約 スポーツ

    サッカー 舞台はシンガポール

     小田原市立矢作小学校のグラウンドから、プロサッカー選手が誕生した―。新潟医療福祉大学4年生の常盤悠選手がアルビレックス新潟シンガポールとプロ契約を交わし、1月...(続きを読む)

    1月30日号

  • 野田 ひろみさん

    日本スポーツ協会公認スポーツ指導者等表彰を受けた

    野田 ひろみさん

    小田原市寿町在住 63歳

    楽しむ大切さ伝えたい ○…「活躍する場があることに感謝します」と第一声。国内で顕著な功績が認められた指導者に贈られる同賞は...(続きを読む)

    1月30日号

  • おつまみセットウェブで販売

    おつまみセットウェブで販売 経済

    野澤作蔵商店

     小田原城天守閣の売店をはじめ、全国に観光土産品を卸す野澤作蔵商店(浜町)では、GOTO事業の休止による過剰在庫を解決しようと、自社ECサイト(ウェブ販売)で「...(続きを読む)

    1月30日号

  • 事業と雇用を支援

    箱根町

    事業と雇用を支援 経済

    交付金を創設

     箱根町はこのほど、新型コロナ感染症拡大の影響を受けている事業者を金銭面で支援する交付金を創設した。 創設されたのは、中小企業や小規模事...(続きを読む)

    1月30日号

  • 積極的な呼び掛けを継続

    積極的な呼び掛けを継続 社会

    白梅LC(ライオンズクラブ)が献血活動

     小田原白梅ライオンズクラブ(村松直政会長)が1月24日、今期3回目となる献血協力事業と検眼・献腎登録運動をダイナシティイースト正面入り口で実施した。...(続きを読む)

    1月30日号

  • 地域づくり 次は畑から

    地域づくり 次は畑から コミュニティ文化

    前市長 加藤憲一さん

     小田原市石橋の耕作放棄地で始まったワイン葡萄栽培の取り組み。この畑地でプロジェクト賛同者らと汗を流す一人が前小田原市長の加藤憲一さん(56)だ。...(続きを読む)

    1月30日号

  • 力を出し切った大舞台

    箱根駅伝

    力を出し切った大舞台 スポーツ

    小田原市出身の辻海里さん

     今年の東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)で9区を走った専修大学4年の辻海里さんが最初で最後の大舞台を振り返った。 辻さんは小田原市...(続きを読む)

    1月30日号

  • 節分祭もコロナの影響

    節分祭もコロナの影響 文化

    豆まき縮小・中止

     新型コロナ感染症拡大の影響は、季節の風物詩に暗い影を落としている。小田原市内をはじめ近隣の神社は、2月2日(火)の節分祭で行われる豆まきの縮小や中止を決めた。...(続きを読む)

    1月30日号

  • 團十郎さん衣装展示

    外郎博物館

    團十郎さん衣装展示 文化

     歌舞伎俳優の12代目市川團十郎さんを偲ぶ恒例の舞台衣装展示が、小田原市本町の外郎博物館で行われている。2月3日の命日に合わせ、2月11日(木・祝)ま...(続きを読む)

    1月30日号

  • 持ち帰りフードを楽しもう

    青空テイクアウト広場

    持ち帰りフードを楽しもう 経済

    1月30日キッチンカー集結

     コロナ禍で外食もままならない中、あの店の味を楽しみたいという声を受け昨年誕生し好評だった「青空テイクアウト広場」。前回の緊急事態宣言解除後一旦終了し...(続きを読む)

    1月30日号

  • テークアウトが活性化

    テークアウトが活性化 経済

    2度目の緊急事態宣言で

     緊急事態宣言の再発令を受けて、小田原市内、近隣の飲食店がテークアウト事業を再び強化している。 昨年4月、来店者の激減や予約のキャンセル...(続きを読む)

    1月30日号

  • 懲罰取り消し求め提訴

    懲罰取り消し求め提訴 政治

    湯河原町議の土屋氏

     湯河原町議会議員の土屋由希子氏(地域政党ゆがわら代表)は1月25日、同町に対し、町税等徴収対策強化特別委員会秘密会の議事内容を口外したとして受けた懲...(続きを読む)

    1月30日号

  • 無人販売で農家応援も

    無人販売で農家応援も 社会

    31日 BLEND PARKで

     倉庫を利用したイベントスペース「BLEND PARK」(小田原市国府津2の6の17)で1月31日(日)、いちごや米などさまざまな地元産品の無人販売が...(続きを読む)

    1月30日号

  • 本通じ人がつながる場を

    箱根仙石原

    本通じ人がつながる場を コミュニティ社会

    クラファンで呼びかけ

     箱根町仙石原に住む広田いとよさん(46)が、クラウドファンディング(ウェブを通じた資金調達システム)で読み終えた本を再活用するブックシェアリングの場...(続きを読む)

    1月30日号

  • 創立70周年 伝統つむぐ

    曽我別所寿獅子舞保存会

    創立70周年 伝統つむぐ 文化

    歴史物語る記念誌発刊

     小田原市の無形民俗文化財にも指定されている「曽我別所の寿獅子舞」をいまに伝える「曽我別所寿獅子舞保存会」(二見宏会長)はこのほど、創立70周年の記念誌を発刊し...(続きを読む)

    1月30日号

  • 駐車場が2時間無料に

    ミナカ小田原

    駐車場が2時間無料に 社会

    テークアウト応援企画

     小田原駅東口に昨年12月にオープンしたミナカ小田原では、レストランとフードコートの各店舗で、テークアウトを実施中。また、各店舗で税込み1000円以上の食事、買...(続きを読む)

    1月30日号

  • グループ施設を一部休業

    伊豆箱根鉄道

    グループ施設を一部休業 社会

    2月7日まで内容変更

     伊豆箱根鉄道株式会社(本社・静岡県三島市)が運営する近隣施設が新型コロナウイルスの感染拡大により、営業内容を変更している。期間は2月7日(日)だが、今後の状況...(続きを読む)

    1月30日号

  • リアルな移住者の声届け

    リアルな移住者の声届け 経済

    オンラインでセミナー

     小田原市主催のオンライン移住セミナーが2月7日、ビデオ通話Zoomで開催される。正午〜午後2時30分。 コロナ禍の中で移住相談は増加し...(続きを読む)

    1月30日号

  • 「転入超過」続く

    小田原市 湯河原町

    「転入超過」続く 社会

    コロナ移住「優位性高まる」

     新型コロナの感染拡大に伴い企業のテレワーク導入や通勤削減などが広がる中、都市部から近郊地域への移住が増加している。人口統計調査をもとに、小田原市と湯...(続きを読む)

    1月30日号

  • 簡単組み立て快適ハウス

    ひとりスペース、収納小屋、現場事務所、医療施設…用途いろいろ

    簡単組み立て快適ハウス

    話題の「イージードームハウス」 本体79万円税別

     趣味の部屋、テレワーク用、畑や作業場の収納小屋に現場事務所…多用途に使える「イージードームハウス」が登場! 人気の理由は、「簡単組み立...(続きを読む)

    1月30日号

  • 酒匂川流域で考える地域循環共生圏構想・2月6日にオンラインフォーラム

    【Web限定記事】

    酒匂川流域で考える地域循環共生圏構想・2月6日にオンラインフォーラム 社会

     南足柄市・松田町・開成町で進む酒匂川流域循環共生圏構想で、モデル事業の公開報告会が2月6日に開かれる。 これまでは地域資源を見つめ直し...(続きを読む)

    1月30日号

  • おうちで手遊び、読み聞かせ

    【Web限定記事】湯河原町立図書館

    おうちで手遊び、読み聞かせ 教育

    「オンラインおはなしだっこ」第6回配信

     湯河原町立図書館が1月25日から「オンラインおはなしだっこ」の第6回配信を始めている。新型コロナウイルスの拡大防止のため休止しているおはなし会の代わりに、こど...(続きを読む)

    1月30日号

  • オンラインで忍者体験ツアー

    【Web限定記事】

    オンラインで忍者体験ツアー 文化

    小田原ゆかりの現役風魔が指南

     忍術を学び、実体験できる忍者の体験ツアーが、このほどオンラインで始まった。小田原市観光協会が主催し、小田原城NINJA館からライブ配信している。講師を務めるの...(続きを読む)

    1月30日号

  • ロウバイとコウバイ競演

    ご近所情報!南足柄市編

    ロウバイとコウバイ競演 社会

     南足柄市のユートピア農園(塚原3008番地先)でロウバイが香り始めました。4000平方メートルの畑を囲むようにおよそ200本を植栽。薄黄のロウバイとピンクのコ...(続きを読む)

    1月23日号

  • 新年会

    新年会 社会

    ◆公益社団法人小田原青年会議所  湯本富士屋ホテル(箱根町)で1月5日、例会を賀詞交歓会として開催。今回は検温やアルコー...(続きを読む)

    1月23日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook