小田原版 掲載号:2017年4月15日号

姉妹校も門出祝福 教育

旭丘高校

 新名学園旭丘高校(水野浩学校長)で4月6日、入学式が行われ、普通科225人・総合学科262人が高校生活の第一歩を踏み出した。

 入学式には、日本を訪れていた中国の姉妹校の安陽市開発区高級中学と西安外国語学校の生徒らも出席。安陽で発見された甲骨文字で書かれた「人間発達教育」のパネルが掲げられ、「創立時から継承・発展している旭丘教育の基」(水野学校長)と紹介された。

 式の中であいさつに立った生徒会長の三瀧優君は「自分たちの学校は自分たちの手でつくりあげていく」と呼びかけ、新入生代表の平田理名さんは「今日という日を第一歩とし、生徒としての責任をしっかりもって学校生活を送りたい」と決意を述べた。

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月22日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/