小田原版 掲載号:2017年8月12日号
  • googleplus
  • LINE

「お家でもお手伝いする」

教育

小田短で食育講座

 小田原短期大学(城山)で8月6日、親子で食について学ぶ「おだたん食育村」が実施された=写真。

 地場産野菜を使った料理を親子が学生と一緒に調理し、食育についての理解を深めることが目的。19回目の今回は市内外から39人の親子が参加した。

 この日のメニューは、お好み中華ちまき・ぱっこんきゅうりのあえもの・カラフル杏仁の3品。子どもたちは学生らの指導のもと、具材を切ったり、鍋で炒めたり、慣れない手つきで調理していた。合間には、学生手作りの教材を用いて、クイズ形式などで食育について学んだ。

 昨年に続き2回目の参加という小学1年生の男子は「きゅうりを叩くのが一番楽しかった。お家でもお手伝いする」と元気いっぱいに話し、その母親は「普段は全然やらないので楽しみです」と笑顔で語った。

関連記事powered by weblio


未病戦略エリアBIOTOPIA

2018年 春オープン予定の施設など

https://www.biotopia.jp/index.html

<PR>

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「練り物でお寿司作ろう」

「練り物でお寿司作ろう」

かまぼこ博物館に新企画

10月14日~3月26日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月21日号

お問い合わせ

外部リンク