神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
都筑区版 公開:2024年4月18日 エリアトップへ

ミツバチと共働で 浜なし受粉作業始まる

文化

公開:2024年4月18日

  • X
  • LINE
  • hatena
例年より1週間から10日遅い受粉作業となった=4月13日撮影
例年より1週間から10日遅い受粉作業となった=4月13日撮影

桜同様、開花遅く

 白い花が満開を迎えた梨畑で、横浜市内産のブランド梨「浜なし」の受粉作業が始まった。

 横浜サエド園=佐江戸町=では晴天に恵まれた4月13日の朝から、緑区北八朔町の梨畑で、受粉作業が始まった。

 菅沼進さん(72)によると、今年は3月に入ってから寒い日が続き、蕾の時期に雨に打たれたこともあり、開花が遅れ、受粉作業も1週間から10日ほど遅いという。

 受粉作業は、ほかの種類の梨の花から取り出した花粉に、目印となるピンク色の染め粉を混ぜたものを、タンポポの綿毛のようなスポンジに付け、花の中央を軽く叩いていく。

 菅沼さんの畑では、1万5000〜2万匹のミツバチを飼育しており、人・蜂共働での受粉作業となった。

 収穫は120日後。開花同様、少し遅くなる見込み。

都筑区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook