中区・西区版 掲載号:2018年8月9日号 エリアトップへ

熱中症救急搬送 過去最多を上回るペース 前年同月比で2倍強

社会

掲載号:2018年8月9日号

  • LINE
  • hatena

 全国的に記録的な猛暑が続く中、横浜市では熱中症による救急搬送が累計989件(7月31日時点・速報値)発生。前年同月比の2倍以上となっており、過去最多の2013年を上回るペースだ。横浜市消防局では厳重な注意を呼び掛けている。

1日50人以上が連続7日

 市消防局は毎年、5月から9月までの熱中症による救急搬送件数をまとめている。2000年の統計開始以来、最も多いのは13年の1072件。「5―7月」で比較すると、今年はすでに13年の486人を大幅に上回る勢いで、過去最多を更新するペースとなっている。特に1日70件の搬送があった7月18日からは、1日50人以上の搬送が連続7日間続いた。

 7月26日までの熱中症発生状況をみると「屋外」468件、「屋内」431件。年代別では「成人」(18歳以上65歳未満)が最も多く386件、次いで「高齢者」(65歳以上)の353件が続く。

 事例としては、90代女性がエアコン未設置の居室で倒れ搬送、10代男性が屋外でサッカーの練習中、頭痛と吐き気で搬送されている。22日には、13年以来の熱中症による死亡事故も発生した。

 市消防局の担当者は「炎天下での活動を避け、こまめな水分補給や適切な温度管理に注意するほか、不要不急の外出は避けるように」と注意を促し、体調が悪くなった時には「救急車を呼ぶか迷うような場合は、#7119に電話で相談をし、手遅れにならないように」と話す。

西・中消防署もフル回転

 5月から7月まで、区ごとの熱中症による救急搬送件数を見ると、中区は80件。特に7月は73件発生しており、同月だけで昨年合計の57人を大きく上回る。中消防署の救急担当者は「ひとり暮らしの高齢者が多く、周囲に気付かれずに訪問時には重症化していたケースも多い」と話す。

 中区は横浜スタジアムや山下公園など炎天下のイベントも多いエリア。同署では早い段階でイベント業者を集めて説明会を開き、来場客・スタッフへの熱中症対策を指導している。

 西区では今年5月から7月末までに48件の救急搬送が発生。昨年同時期は23件と倍以上のペース。開発が続くみなとみらい地区や横浜駅前の工事現場でも発生している。西消防署の担当者は「救急隊員も『タッチアンドゴー』で出動しており、食事もままならない状況」と胸の内を明かす。

 住民以外に観光や仕事で訪れる来街者が搬送されるケースも多いことから、同署では相鉄線横浜駅2階改札口のデジタルサイネージ(電子看板)やスカイビル内のモニターで、小まめな水分補給など熱中症予防への取り組みを呼び掛けている。

中区・西区版のトップニュース最新6

埋立の歴史を演劇で

本牧南小

埋立の歴史を演劇で 教育

当時知る漁師「ありがとう」

2月20日号

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月20日号

障害者が本になり交流

山手の任意団体

障害者が本になり交流 社会

2月29日大和町でイベント

2月13日号

黄金町の巡回強化を要望

伊勢佐木警察署協議会

黄金町の巡回強化を要望 社会

旧違法風俗店の視察も

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 経済

IR推進に4億円

2月6日号

建設地に多数の近代遺構

新市庁舎

建設地に多数の近代遺構 文化

ふるさと歴史財団が企画展

1月30日号

市、民間企業で実証実験

ショートタイムテレワーク

市、民間企業で実証実験 社会

女性の就労機会を創出へ

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク