神奈川区版 掲載号:2012年2月16日号
  • googleplus
  • LINE

100年続く鬼退治 無形民俗文化財「節分追儺式(ついなしき)」

文化

本殿を出発する年男らの一行
本殿を出発する年男らの一行

 約100年前から続く伝統神事「節分追儺式」が2月3日、東神奈川の笠䅣(かさのぎ)稲荷神社で行われた。

 これは、横浜市認定無形民俗文化財にも認定されており、宮中の追儺式にならって悪鬼邪気を払う「鬼やらい」として古くから地域に根付いている。

 今年も年男を中心とした参加者一行は、烏帽子・直垂姿で本殿を出発。町内を練り歩き、豆まきを行った。太鼓や拍子木、ほら貝などの鳴り物が一行の到着を告げると、沿道の人々は家から出て豆打ちとお払いを受けた。本殿に戻ってきた一行は、境内に待ち受けた多くの人に向け、お立ち台から豆打ちを行った。

 宮司の小野和伸さんは「今後も地域の方々と協力しながら伝統を守っていきたい」と話していた。
 

神奈川区版のローカルニュース最新6件

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

打楽器フェス

打楽器フェス

3月10日、11日かなっくホールで

3月10日~3月11日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク