神奈川区版 掲載号:2014年4月3日号 エリアトップへ

1月-3月業況判断 大企業で最高値に 増税前需要で上昇

掲載号:2014年4月3日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市経済局と横浜商工会議所が3月24日、今年1―3月期の市景況・経営動向調査を発表した。4月からの消費税率引き上げに伴う駆け込み需要等により、自社業況BSI(※)が大企業で1992年の調査開始以来最高値となるなど、多くの業種で上昇した。

 同調査は市内企業と市内に事業所を置く企業1000社を対象に年4回実施しているもの。今回は2月3日〜25日に実施し、503社から回答を得た(回収率50・3%)。

 1―3月期のBSIはマイナス2・0で、前期(13年10―12月期)から11・2ポイント上昇した。

 特に大企業のBSIが22・4で前期のマイナス5・8から28・2ポイント上昇してプラスとなり、92年4―6月期の同調査開始以来、最高値を記録。中堅企業も前期0・0から1・3へのプラスで、中小企業はマイナス7・0だが前期比9・5ポイント上昇した。

 業種別では、製造業のBSIがマイナス3・0で前期比12・9ポイント、非製造業がマイナス1・1で同9・7ポイント上昇した。

 「小売業」全般のほか、自動車販売増により鋼板や部品などの「鉄鋼・金属等」が伸びたほか、税率などシステム変更に伴い「情報サービス業」の伸びが特に目立った。

 一方、増税後のBSIは、4―6月期がマイナス24・5まで低下、7―9月期はマイナス14・2まで再び上昇し、前期とほぼ同水準まで回復するとの結果となった。

売上減を支援

 増税後の対策として、市は消費税対応資金を4月に創設している。直近1カ月の純売上高か売上高総利益率が最近3年間のいずれかの年と比較して5%以上減少している中小企業、協同組合等を対象に支援するもので、5000万円を限度に融資するものだ。

 市商店街総連合会が消費者の買い控え対策集客イベントとして4月から6月に開催する「GOGO!商店街」等にも支援する。

 これら増税後の対策について、市経済局の担当者は「谷間から上昇に転じるまでの急場をしのぐもの」と話している。

※自社業況BSI…自社業況が「良い」と回答した割合から「悪い」としたものを差し引いた値

神奈川区版のローカルニュース最新6

「健康経営」実践企業を認証

「健康経営」実践企業を認証 社会

市、区内34事業所を表彰

4月8日号

貧困や子育ての悩み解消に

貧困や子育ての悩み解消に 社会

3地区社協がリーフレット

4月8日号

チューリップが花壇彩る

チューリップが花壇彩る 社会

反町公園 6色で春を告げる

4月8日号

銀杏植樹へ入口整備

中央市場LC

銀杏植樹へ入口整備 社会

10周年の記念事業で

4月8日号

本物そっくり

本物そっくり 文化

雑貨店で食品サンプル作り

4月8日号

藤村氏が出馬表明

横浜市長選

藤村氏が出馬表明 政治

IR誘致の市政批判

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月16日16:27更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク