神奈川区版 掲載号:2015年5月14日号 エリアトップへ

(PR)

白内障だけじゃない 放っておくと怖い目の病気 取材協力/神歯大横浜クリニック

掲載号:2015年5月14日号

  • LINE
  • hatena
眼科の担当医ら
眼科の担当医ら

 「目の病気」と言われてまず思い浮かぶのが、白内障や緑内障。しかし、この他にも失明原因の上位に挙がる病気がたくさんあることはあまり知られていないのが現状だ。

 神奈川歯科大学附属横浜研修センター・横浜クリニックで眼科を担当する市邉義章医師は「糖尿病網膜症や黄斑(おうだん)変性は失明のリスクが高く、発見されたときには重症化しているケースもあります。早期発見・治療が必要な疾患です」と警鐘を鳴らす。「目に異常がなくても、定期受診をお勧めします」

専門医が在籍

 同院では、目の奥にある網膜や視神経の病気に重点を置き、早期発見・治療にあたっている。斜視や眼精疲労、まぶたの痙攣(けいれん)といった特殊な症状も専門医が対応。国家資格の視能訓練士と連携して治療計画を立ててくれる小児眼科もある。「普段お使いの眼鏡も、お持ちいただければ適切かどうか診断します」とのこと。

 同院で行っている主な手術は網膜・後発白内障レーザー(日帰り)、白内障手術(日帰り・入院)、斜視・眼瞼手術(入院のみ)。専門外来を持つ周辺施設とも連携し、多様な症状に最適な治療を提供している。

神奈川歯科大学附属横浜クリニック

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-31-6

TEL:045-313-0007

http://www.hama.kdu.ac.jp

神奈川区版のピックアップ(PR)最新6

季節の移ろい感じる妙蓮寺

季節の移ろい感じる妙蓮寺

東急東横線「妙蓮寺駅」すぐ目の前

9月16日号

無料の合同行政相談所

無料の合同行政相談所

10月12日、桜木町駅前で

9月16日号

コロナ禍はいつまで続く?

内科医の視点から見る 横浜クリニック

コロナ禍はいつまで続く?

9月18日(土)、オンライン講座

9月9日号

「見せない」補聴器

マルイシティ横浜地下1階

「見せない」補聴器

オープンセール実施中

9月9日号

カラスの被害を回避

ゴミが荒らされる、糞、鳴き声…困っていませんか? ヒット商品

カラスの被害を回避

植物性で環境に優しい野鳥忌避剤

9月2日号

ブロック塀改善工事に補助

横浜市

ブロック塀改善工事に補助

10月31日までに事前相談を

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook