神奈川区版 掲載号:2018年5月31日号 エリアトップへ

横浜国大 230万円超える寄付集まる 1世紀前のピアノ修復に

文化

掲載号:2018年5月31日号

  • LINE
  • hatena
国大に受け継がれるピアノ
国大に受け継がれるピアノ

 横浜国立大学(長谷部勇一学長)が大正期から所有しているドイツ製のグランドピアノの音色を復活させようと、インターネット上で出資者を集めていたクラウドファンディング(CF)の受け付けが5月18日に締め切られた。177人からの寄付を受け、目標額としていた130万円を大幅に上回る237万円を集めた。

 ピアノは同大学の前身となる横浜工業学校が開校して間もない1924(大正13)年に学生の課外活動用に7千円で購入。進駐軍による接収や火災による焼失危機を乗り越えながら、約1世紀に渡り引き継がれてきた。

 挑戦は「修理したピアノを見て、触って、聴くことができる権利」や「ピアノを演奏できる権利」といった返礼を受けることができる仕組みで3月末から寄付金の受け付けを開始し5月上旬に目標額に到達した。

 長谷部学長は「多くの皆様にご支援いただき、誠にありがとうございました。支援金は貴重なピアノを最高の状態で後世に伝えていくための費用として有効に活用させていただきます」と話している。

 今後、8月末にかけて集まった寄付金を使い修理を施し、9月以降に支援者に対する返礼となるピアノの演奏会などを実施していく予定となっている。

神奈川区版のローカルニュース最新6

こつこつ3年 早朝清掃に汗

こつこつ3年 早朝清掃に汗 社会

反町駅前の商店主ら

2月20日号

区文化協会の発表展

中丸小で出前教室

行政相談委員

中丸小で出前教室 社会

活動内容や相談事例を解説

2月20日号

桂米多朗さんの落語満喫

ビューポリス自治会

桂米多朗さんの落語満喫 文化

2月20日号

春爛漫 紅梅鮮やか

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月20日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月20日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク