神奈川区版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

平成の横浜を振り返る【1】 減少する商店街 賑わいへの鍵

社会

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena
買い物客で賑わう横浜橋通商店街
買い物客で賑わう横浜橋通商店街

この連載では今年5月に元号が「令和」へと変わるのを機に

さまざまな切り口から「平成」の時代を振り返ります

 「平成」の30年間の中では様々なものが大きく変化した。生活に密接な「買い物」もその一つで、大型ショッピングセンターは街並みだけでなく人々の行動をも変え、買い物だけでなく新しい流行や食にふれる場にもなっていった。また他方ではインターネットの普及により、家の中にいたままで買い物ができるような時代にもなった。

 そんな変化の一方で、時代と共に衰退していった文化もある。その一つが商店街ではないだろうか。平成元(1989)年には市内商店街は423カ所だったが減少を続け、平成30(2018)年には256カ所へと半数近くとなっている(横浜市商店街総連合会加盟の商店街数)。

空き店舗問題に一手

 かつて多くの人が利用し、活気にあふれていた商店街だったが、大型店との価格競争による疲弊や後継者不足による店主の高齢化などさまざまな課題が浮き彫りになった。さらに1つの店の閉店が街の活気や利便性に影響することで次の閉店を招いてしまうような「空き店舗問題」から、いわゆる「シャッター街」となるケースも少なくない。

 この空き店舗問題の対策に積極的に取り組んでいるのが、神奈川区の六角橋商店街だ。商店街内の店舗が閉店した場合に店の権利を商店街で買い取るというもので、同商店街の石川清貴さん(市商連会長)は「賃貸に出すなど、物件の活用法はある。また新規出店募集の店舗を商店街が決められるので、商店街全体のバランスをとることもできる」とメリットを語る。

外国人取込みに好機

 一方で、在日外国人や訪日観光客と良好な関係性を築いているのが南区の横浜橋通商店街だ。周辺には中国をはじめとするアジア圏の住民も多く、また現在では商店街店舗の1割〜2割を外国人店主が経営しているという。

 その外国人店主の出店受入れは空き店舗を減らし、130店舗中10件と比較的低い割合にとどまる。同商店街の高橋一成理事長が「この状況は新たな外国人客を取り込む一助になっている」と話すように、これらの店舗を目当てに商店街に訪れる外国人観光客も少なくないという。

 実際にフィリピンから日本に移り住んだ女性は「商店街はいくつもの店を見て品物を選べるし、店主と話しをしながら調理法や商品の知識を教えてもらうこともできるのがいい」と日常的に商店街での買い物を楽しんでいるようだ。

「本気が試される」

 市経済局のアンケートによると、「経営者が65歳以上の店舗が6割を超える」という商店街が24・4%と最も多く(平成27年度)、このままでは遠くない将来に多くの商店街が自然消滅の危機にさらされる。

 「賑わいをだすためには、商店街の本気が試される」と市商連会長。商店街の若返り=若い世代の出店を促すためにも、1つひとつの課題解決が鍵になるだろう。

平成における市内商店街数の推移(市商連加盟)
平成における市内商店街数の推移(市商連加盟)

神奈川区版のローカルニュース最新6

中央卸売で「市場まつり」

中央卸売で「市場まつり」 経済

解体ショーや模擬セリも

11月14日号

火災予防絵本を制作

市消防

火災予防絵本を制作 文化

子どもの防火意識向上へ

11月14日号

40、50代の就職支援に着手

横浜市

40、50代の就職支援に着手 社会

研修や企業交流会を実施

11月14日号

救急車を赤十字社に寄贈

神奈川福祉事業協会

救急車を赤十字社に寄贈 社会

黒岩支部長から感謝状

11月14日号

3カ国で都市課題を対話

3カ国で都市課題を対話 社会

スマートイルミサミットで

11月14日号

たんまち祭り

たんまち祭り 文化

11月16日、入場無料

11月14日号

震災復興支援コンサート

震災復興支援コンサート 文化

11月21日、かなっくで

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 10月24日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク