神奈川区版 掲載号:2019年8月8日号 エリアトップへ

(PR)

市民健康セミナー 専門医が「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」解説 出産女性2人に1人が発症

掲載号:2019年8月8日号

  • LINE
  • hatena
川崎鶴見血管外科クリニック・渋谷院長
川崎鶴見血管外科クリニック・渋谷院長

 足の血液が逆流し、コブやうっ血を引き起こす「下肢静脈瘤」について、血管外科の専門医が詳しく解説する無料の市民健康セミナーが、9月8日午前10時〜、鶴見公会堂(JR鶴見駅西口下車徒歩1分、西友ビル6階)で開かれる。

 講師は、川崎鶴見血管外科クリニック=川崎市幸区=の院長・渋谷慎太郎氏。済生会横浜市東部病院で長く血管外科部長を務めた、その道20年以上という専門医だ。

だるさやむくみに注意

 下肢静脈瘤は血管の病気で、命に影響はないが自然治癒はないとされる。

 主に40歳以上から年齢とともに増加傾向にあり、特に出産経験のある女性の2人に1人は発症するといわれる身近な病気だ。

 放置すると、生活の質が落ち、健康を害する可能性も。潰瘍ができるなど重症化するケースもあるという。

サインはさまざま

 加齢や仕事柄などを理由に、足のだるさ、むくみ、つるなどの悩みがある人は、それがサインかもしれないという。

 渋谷氏は、最近テレビや広告で多くのクリニックや治療法が紹介されているとした上で、「当日はクリニックの選び方や、レーザー治療に合う方などに対するお答えを分かりやすく解説します」と呼びかける。

 今回の講座は、今悩む人も、今後が不安な人も、悩み解消につながる貴重な機会となりそうだ。

 参加費無料。定員100人(予約不要、先着順)。問い合わせは、川崎鶴見血管外科クリニック【電話】044・223・6230。

症状の一例。こうした状態は下肢静脈瘤のサインとなる
症状の一例。こうした状態は下肢静脈瘤のサインとなる

川崎鶴見血管外科クリニック

川崎市幸区大宮町5-6 コ・オリナ・ビル4階

TEL:044-223-6230

https://kawasaki-kekkan.com/

神奈川区版のピックアップ(PR)最新6

「相続とその準備」これだけは必要なこと

11月19日 ラステル新横浜でセミナー

「相続とその準備」これだけは必要なこと

専門家がわかりやすく解説

11月7日号

「岐路に立つ日本」を語ろう

市民不動産セミナー

「岐路に立つ日本」を語ろう

11月26日(火) かなっくで講演会

11月7日号

どうする、介護の金銭問題

どうする、介護の金銭問題

11月16日、無料相談会

11月7日号

11月16日「フェスタなでしこ」

済生会神奈川県病院

11月16日「フェスタなでしこ」

世界糖尿病デーちなみイベント

10月31日号

得意を活かせる「Webメディアライター」

manaby CREATORS 横浜菊名 障害者就労継続支援B型事業所

得意を活かせる「Webメディアライター」

イラスト・音楽・文章で自由に表現

10月31日号

職場は京急新本社

清掃スタッフ募集 求人

職場は京急新本社

中区西区、他多数

10月31日号

県が未病を考えるシンポジウム

県が未病を考えるシンポジウム

西川きよし氏の講演も

10月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 10月24日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク