神奈川区版 掲載号:2020年4月2日号 エリアトップへ

市資源循環局 食品ロス削減で社会貢献 消費期限間近の商品購入で寄付

社会

掲載号:2020年4月2日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市資源循環局は、社会貢献型フードシェアリングプラットホームを運営する「クラダシ」と公民連携の覚書を締結した。食品メーカーなどの食品ロスを削減するとともに、消費者が購入代金の一部を市内で活動するフードバンク団体などに寄付する国内初の取り組みを推進する。

 同社が運営する「KURADASHI.jp」は、販売終了商品や季節商品など、賞味期限内にも関わらず廃棄されていた商品を特価で販売している。食品ロス削減に賛同するメーカーから協賛価格で提供を受けた商品を販売し、売り上げの一部を社会貢献団体へ寄付する仕組みで、環境保護や動物保護団体などを支援している。

フードバンク 持続的に支える

 民間事業者から公民連携事業などの提案や相談を受け付ける市の制度「共創フロント」を通じてクラダシから打診を受けた同局は、食品ロスの解消と、廃棄食品を引き取り福祉施設や生活困窮者などへ無料で提供するフードバンク活動の支援につながるとして協力を決めた。

 今回の提携で、「KURADASHI.jp」で購入時に指定できる寄付先に「NPO法人フードバンク横浜」(神奈川区)「NPO法人神奈川フードバンク・プラス」(中区)「公益社団法人フードバンクかながわ」(金沢区)が加わった。

 国の調査では、2016年度は年間643万トンの食品ロスが発生しており、事業系が55%を占めた。市内では事業系の数値は明らかにされていないが、家庭からは年間10万5千トン(18年度)の食材が廃棄されているという。同局3R推進課の江口洋人課長は「多くの市民に活用してもらい、食品ロスの削減とフードバンク活動の支援につながれば」と話している。

 利用は「KURADASHI.jp」サイト(https://www.kuradashi.jp/)内から購入を希望する商品を選択。市内3つのフードバンク団体を含む19組織から寄付先を選ぶことができる。

神奈川区版のローカルニュース最新6

市、早期給付へ体制強化

【Web限定記事】特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 社会

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

駅に懐かしの伝言板

【Web限定記事】

駅に懐かしの伝言板 社会

「閉塞感を和らげたい」

5月28日号

区作連にマスク寄贈

神奈川RC

区作連にマスク寄贈 社会

5月28日号

疫病退散のアマビエ展

疫病退散のアマビエ展 文化

六角橋 あけ/たて

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

「近所でも距離保って」

【Web限定記事】

「近所でも距離保って」 社会

六角橋西町、住民に注意喚起

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日12:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月18日19:51更新

  • あっとほーむデスク

    5月11日19:51更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク