神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

牧野地区 バス減便、乗合タクシー導入 通学時間はバス運行維持

社会

公開:2014年6月12日

  • LINE
  • hatena
根小屋地区の乗合タクシー
根小屋地区の乗合タクシー

 相模原市は、牧野地区を運行する路線バス3系統ついて、小中学生が通学利用する時間帯を除き、平日の他の時間帯と土日、祝日の運行を廃止し、市委託による「乗合タクシー」を導入することを決定した。乗合タクシーは認可手続き等の後、10月1日から実施される予定。

 現在、市内バス会社から撤退意向の申し出があるバス路線の内、生活交通維持確保をするため、公費を投入して運行を維持する路線が10ある。その全てが旧津久井4町エリアだ。牧野地区も例外ではなく、平日10・5往復、土日・祝日4往復する「やまなみ温泉〜東野」、平日8往復、土日・祝日1・5往復する「やまなみ温泉〜篠原」、平日1往復、土日・祝日0・5往復する「篠原〜赤沢」が該当。この3路線に対し、市は昨年度、約3900万円の公費を負担していた。

 そうした中、2012年1月、沿線自治会を中心とした「牧野地区生活交通維持確保路線見直し検討委員会」を組織。これまで、計13回の検討を重ねた結果、小中学生が通学利用する時間帯は運行を継続しつつ、他の運行については根小屋地区で4月から導入され、一定の効果が出ている「乗合タクシー」を10月から導入することを決定した。

 乗合タクシー導入後は、「やまなみ温泉〜東野」は平日6往復、「やまなみ温泉〜篠原」は平日5・5往復、「篠原〜赤沢」は平日1往復に減便。一方、乗合タクシーは停留所をこれまでより5カ所増設して、バスでは運行困難だった狭あい道路にも運行するよう配慮されている。市では「利用者のほとんどいない時間内のバス運行を廃止することで、かなりの経費削減効果が見込まれる他、運行経路を固定しない乗合タクシーは、目的地に最短距離で移動出来るので利便性が増すのでは」と話している。

 乗合タクシーに関する詳細は、市交通政策課【電話】042・769・8249へ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

車両を変えて実証運行

若葉台地区

車両を変えて実証運行

グリスロ2年目に期待

6月13日

7年ぶり減少も高水準

児童虐待相談人数

7年ぶり減少も高水準

センターへの相談は増加

6月13日

若年がん患者に助成金

相模原市

若年がん患者に助成金

在宅療養 経済的負担減へ

6月6日

円安で製造・小売悪化

相模原市景況

円安で製造・小売悪化

深刻な人手不足続く

6月6日

詐欺抑止の店を認定へ

相模原北警察署

詐欺抑止の店を認定へ

被害減へ独自の取り組み

5月30日

文科大臣表彰を受賞

てぶくろの会

文科大臣表彰を受賞

「読み聞かせ」続け27年

5月30日

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook