さがみはら緑区版 掲載号:2015年4月30日号 エリアトップへ

(PR)

医療レポート 「入院患者の低栄養状態を改善へ」 他科・他職種と連携し、病院全体でサポート

掲載号:2015年4月30日号

  • LINE
  • hatena
消化器病センター外科部長・船津健太郎医師
消化器病センター外科部長・船津健太郎医師

 「相模原協同病院」(相模原市緑区橋本2の8の18、高野靖悟病院長)は、県北・多摩エリアの総合病院として、長年にわたり地域中核病院の役割を担ってきた。

 同院の外科は、地域医療支援病院・がん診療連携拠点病院として、良性・悪性疾患や緊急手術などに対応。現在は、さまざまな持病を抱える患者も多いため、他科とも連携を図りながら治療を進めている。

 その同科で4月より船津健太郎医師が部長に就任した。船津医師は「悪性疾患患者には、手術だけでなく化学・放射線療法も含め、総合的に判断した治療をするよう心掛けています」と話している。

 また、船津医師は患者の早期退院を目指し、栄養面でのサポートも担当。一般的に入院患者の約3〜4割が低栄養状態と言われており、病気に掛かりやすい・合併症を起こしやすい・回復が遅れるなどの恐れがあるという。同院では、より早く低栄養状態を発見し、病院全体として患者を支援するための栄養サポートチーム「NST」が結成されており、その委員長も担う。定期的にチームで病棟の回診を行い、栄養状態を確認している。医師だけでなく、看護師、栄養士、検査技師、言語聴覚士とさまざまな職種から栄養面の改善ができるよう患者に接し、主治医に提案している。「病院全体の質が良くなるよう取り組み、相模原市の地域医療の助けになりたい」と抱負を語った。

相模原協同病院

相模原市緑区橋本2丁目8番18号

TEL:042-772-4291

http://www.sagamiharahp.com/

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6

秋のパンジー狩り

10/17(土)〜11/3(祝)

秋のパンジー狩り

よりどり28個が2千円(税別)

10月15日号

熱風処理でしっかり除菌「おふとんから清潔に」

相模原市39キャッシュバックキャンペーン参加店

熱風処理でしっかり除菌「おふとんから清潔に」

お勧め「羽毛ふとんリフォーム」&「ふっくら若返り加工」

10月8日号

風疹と妊娠

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

風疹と妊娠

三成会 新百合ヶ丘総合病院

10月8日号

スタッドレスタイヤ 予約受付中

スタッドレスタイヤ 予約受付中

タイヤ館城山

10月8日号

来年1月に新病院開院

相模原協同病院

来年1月に新病院開院

 1月4日より外来診療を開始

10月1日号

日本人1割が潜在患者「下肢静脈瘤」

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク