さがみはら緑区版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

フィルムコミッション 藤野が舞台の映画上映 緑区内7カ所で撮影

文化

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena
旧小渕小学校での撮影風景。木造校舎は昨年度末に取り壊されため、最後の映像となった
旧小渕小学校での撮影風景。木造校舎は昨年度末に取り壊されため、最後の映像となった

 カンヌ国際映画祭「ある視点部門」で日本人初の監督賞を受賞し、1日からロードショーされている映画『岸辺の旅』。さがみはらフィルムコミッションが撮影支援した作品で、緑区内7カ所で撮影されている。公開を記念して12月25日(金)まで、「映画『岸辺の旅』公開記念パネル展示」が、相模原市役所本庁舎1階ロビー展示スペースで開催されている。

 相模原市は都心から地理的に近く自然も豊かで、昔から映像作品の撮影地として利用されている。特に旧津久井地域は、相模川や道志川などの風景がロケ地として選ばれ、数多くの作品が撮影されている。

 そうした中、映画、TVドラマやCM等のロケーション撮影や映像関連産業の誘致支援活動を推進するため、市は、2005年に「さがみはらフィルムコミッション」を設立。同コミッションが撮影の許認可に関する情報提供や連絡調整、エキストラやロケ物件の確保や協力などを支援。観光振興や地域経済の活性化を図るとともに、映像を通して「相模原」を市内外に発信する役目を担っている。

 その成果もあり、昨年は映画、TV、CMなど市内で55件が撮影。その中には、映画『バクマン。』『はなちゃんのみそ汁』やフジテレビドラマ『HERO』などの話題作もある。

数多くの地元住民がエキストラ出演・協力

 『岸辺の旅』は深津絵里さん、浅野忠信さん主演の夫婦愛をテーマにした作品。緑区内では昨年6月に6日間、藤野倶楽部所有の古民家「無形の家」、ふじの森のがるでん所有の倉庫、中尾生活改善センター、道志新田付近の道と河川敷、旧小渕小学校など、7カ所で撮影された。監督の黒沢清氏は「ありふれた田舎の日常が撮れました。山道の風景など、特に自然の山々は素晴らしかった」と藤野地域の印象を話した。また、撮影には、地元住民や子どもたちが多数エキストラとして参加。古民家「無形の家」では、撮影用に住民が畳の和室を板張りに直したり、納屋を部屋に改築する手伝いを行うなど多方面で協力している。

 同フィルムコミッションでは「撮影には多くの地元の方々に協力して頂きました。パネル展示では、撮影シーンの写真が飾られるので、多くの人に見てもらえれば」と話している。

 詳細は同つくい事務局【電話】042・689・4747。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

ワクチン3回目接種が柱

相模原市12月補正予算案

ワクチン3回目接種が柱 経済

一般会計、総額約68億円

11月25日号

"本物"トーチに大興奮

旭小学校

"本物"トーチに大興奮 社会

疑似聖火リレーを体験

11月18日号

3回目 高齢者は1月開始

新型コロナワクチン接種

3回目 高齢者は1月開始 社会

65歳以上の予約、市主導で

11月18日号

統合前に「さよなら壁画」

相模原総合高校

統合前に「さよなら壁画」 教育

2023年度の再編 機に

11月11日号

「相模原で合議制裁判を」

「相模原で合議制裁判を」 社会

市長ら、横浜地裁へ要望

11月11日号

最高賞に田名小PTA

SDGsアワード

最高賞に田名小PTA 社会

市内JCと市、協働で開催

11月4日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook