さがみはら緑区版 掲載号:2016年4月28日号 エリアトップへ

城山で「宇宙の学校」が開校 工作・実験で科学への好奇心を

教育

掲載号:2016年4月28日号

  • LINE
  • hatena
毎回専任講師がわかりやすく指導する真剣に実験する子どもたち(左下)
毎回専任講師がわかりやすく指導する真剣に実験する子どもたち(左下)

 昨年城山地区で初めて行われ、大好評だった『相模原「宇宙の学校」inしろやま』が今年も開校される。主催は相模原「宇宙の学校」実行委員会城山グループ。今回も工作や実験、家庭学習などを通じて、子どもの「好奇心」「冒険心」「匠の心」などを育むプログラムいっぱいの内容だ。

 「宇宙の学校」とは、認定NPO子ども・宇宙・未来の会(KU―MA)がJAXA宇宙教育センターの後援を得て全国的に展開しているプログラム。親子が協働して工作や実験「スクーリング」を行ったり、親子の触れ合いを深める家庭学習により、子どもの科学に対する興味と関心を深めることを目的としている。

5月22日(日)に開校

 活動は全4回の予定。第1回は5月22日(日)午前10時〜正午、淵野辺東小学校体育館で開校式と記念講演「重力波とブラックホール」、スクーリング1「凧はなぜあがる?〜スチロール凧から学ぼう」が行われる。第2回は8月6日(土)、スクーリング2「波を体験しよう〜糸電話とばね電話」、第3回は10月22日(土)、スクーリング3「電波ってなに?〜ゲルマニウムラジオをつくろう」、第4回は12月25日(日)、スクーリング4「うまく飛ぶための工夫をしよう〜紙筒ロケットを飛ばそう」と家庭学習発表会・閉校式を行う予定。2〜4回は全て午後2時(1時半受付)〜4時半、もみじホール城山で開催。スクーリング間には配布された教材を使い、家庭で親子が協力して工作や実験を行うプログラムも組まれている。

締切は5月11日(水)

 参加費はスクーリング4回、テキスト、保険代として児童1人あたり2000円。参加希望者はEメールかFAXで、児童氏名、保護者氏名、小学校名、学年、住所、連絡先(【メール】、【FAX】、【電話】)を記入の上、申込みを。

 申込、問い合わせは、相模原「宇宙の学校」実行委員会城山グループ事務局・城山めいぷる、【FAX】042・782・1051、【メール】info@maple-s.org、【電話】042・782・0303(火〜金の午前9時〜午後3時)。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

打楽器に親しんで

打楽器に親しんで 文化

青根で演奏家が体験講座

1月16日号

潜在看護職の復職支援

潜在看護職の復職支援 社会

病院協会が2月に相談会

1月16日号

台風被害の被災者へ支援

台風被害の被災者へ支援 社会

宅建相模北支部が寄付金

1月16日号

園児30人が芋堀体験

園児30人が芋堀体験 教育

レストラン「栗の里」の畑で

1月16日号

普通車は県道で行ける

日帰り温泉「いやしの湯」

普通車は県道で行ける 経済

1月16日号

雨宮知子さんが歌う

雨宮知子さんが歌う 文化

19日 津久井中央公民館で

1月16日号

課題解消に全力を

課題解消に全力を 経済

相模原商工会議所

1月16日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク