さがみはら緑区版 掲載号:2016年4月28日号 エリアトップへ

城山で「宇宙の学校」が開校 工作・実験で科学への好奇心を

教育

掲載号:2016年4月28日号

  • LINE
  • hatena
毎回専任講師がわかりやすく指導する真剣に実験する子どもたち(左下)
毎回専任講師がわかりやすく指導する真剣に実験する子どもたち(左下)

 昨年城山地区で初めて行われ、大好評だった『相模原「宇宙の学校」inしろやま』が今年も開校される。主催は相模原「宇宙の学校」実行委員会城山グループ。今回も工作や実験、家庭学習などを通じて、子どもの「好奇心」「冒険心」「匠の心」などを育むプログラムいっぱいの内容だ。

 「宇宙の学校」とは、認定NPO子ども・宇宙・未来の会(KU―MA)がJAXA宇宙教育センターの後援を得て全国的に展開しているプログラム。親子が協働して工作や実験「スクーリング」を行ったり、親子の触れ合いを深める家庭学習により、子どもの科学に対する興味と関心を深めることを目的としている。

5月22日(日)に開校

 活動は全4回の予定。第1回は5月22日(日)午前10時〜正午、淵野辺東小学校体育館で開校式と記念講演「重力波とブラックホール」、スクーリング1「凧はなぜあがる?〜スチロール凧から学ぼう」が行われる。第2回は8月6日(土)、スクーリング2「波を体験しよう〜糸電話とばね電話」、第3回は10月22日(土)、スクーリング3「電波ってなに?〜ゲルマニウムラジオをつくろう」、第4回は12月25日(日)、スクーリング4「うまく飛ぶための工夫をしよう〜紙筒ロケットを飛ばそう」と家庭学習発表会・閉校式を行う予定。2〜4回は全て午後2時(1時半受付)〜4時半、もみじホール城山で開催。スクーリング間には配布された教材を使い、家庭で親子が協力して工作や実験を行うプログラムも組まれている。

締切は5月11日(水)

 参加費はスクーリング4回、テキスト、保険代として児童1人あたり2000円。参加希望者はEメールかFAXで、児童氏名、保護者氏名、小学校名、学年、住所、連絡先(【メール】、【FAX】、【電話】)を記入の上、申込みを。

 申込、問い合わせは、相模原「宇宙の学校」実行委員会城山グループ事務局・城山めいぷる、【FAX】042・782・1051、【メール】info@maple-s.org、【電話】042・782・0303(火〜金の午前9時〜午後3時)。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

「SDGsって身近だね」

「SDGsって身近だね」 教育

青和学園でワークショップ

8月13日号

今年はネットで「つながろう」

さがみはらフェスタ

今年はネットで「つながろう」 文化

8月13日号

相模原ゆかりの品 抽選で

相模原ゆかりの品 抽選で 文化

市のファンサイトで企画

8月13日号

SC、鹿児島に快勝

サッカー

SC、鹿児島に快勝 スポーツ

好調ホムロが2得点

8月6日号

中谷選手、世界戦は再延期

中谷選手、世界戦は再延期 スポーツ

「この時間で成長したい」

8月6日号

SDGs未来都市に

相模原市

SDGs未来都市に 社会

普及促進へ新制度も検討

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク