さがみはら緑区版 掲載号:2016年8月25日号 エリアトップへ

(PR)

医療レポート 本年度より入院治療を含めた皮膚科診療を開始 「周辺地域の中心となる体制づくりを」

掲載号:2016年8月25日号

  • LINE
  • hatena
皮膚科医長・藤澤大輔医師
皮膚科医長・藤澤大輔医師

 「相模原協同病院」(相模原市緑区橋本2の8の18、高野靖悟病院長)は、県北・多摩エリアの総合病院として、長年にわたり地域中核病院の役割を担っている。

 同院では本年度より新体制での皮膚科診療を開始。医長には免疫・アレルギーを主に皮膚科疾患全般の診療を専門とし、日本アレルギー学会のシンポジウムなどで研究成果の講演も行う藤澤大輔医師が就任した。

 皮膚は外からの紫外線を含む電磁波、ウィルスや細菌、化学物質などに対するバリアであるばかりでなく、内部の臓器の露出を防ぎ、体温の維持や水分の流出を防いでいる。そのため刺激を受けやすく、様々な炎症性皮膚疾患や腫瘍性皮膚疾患が発生するという。「近年の皮膚科学は免疫・アレルギー学の進歩により、非常にダイナミックな治療へと急速に変貌しています。当科では変化に対応しながらも、患者さんの生活の質を落とさないよう精神的サポートを重視しながら適切な治療を提案し、診療を深みのあるものにしたいと考えています」と藤澤医師。

 教科書に千以上の病名が記載される皮膚科の病気の診療は医師の判断能力が即座に発揮される分野でもあるという。「特に皮膚は『内臓を映す鏡』とも言われるので他科と知識を共有し、慎重な診断・説明・治療を心掛けていく。新設ではありますが、将来的には周辺地域の皮膚科の中心となるよう体制づくりを行っていきます」と展望を語った。

相模原協同病院

相模原市緑区橋本2丁目8番18号

TEL:042-772-4291

http://www.sagamiharahp.com/

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6

最大半額! 宝飾品がお得

6月17日・18日・19日

最大半額! 宝飾品がお得

リフォーム・クイック修理・オーダーメイドリングも

6月17日号

地道な活動 一丸で推進

社員率先し取り組み考案

地道な活動 一丸で推進

マーク電子

6月10日号

市民をがんから守る

「保険代理店だからできることを」

市民をがんから守る

株式会社SA

6月10日号

PET検査とは?

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

PET検査とは?

三成会 新百合ヶ丘総合病院

6月10日号

エアコンか換気扇洗浄が4000円

”奥様応援キャンペーン”

エアコンか換気扇洗浄が4000円

6月10日号

パソコンの「困った」に対応

パソコンの「困った」に対応

メディアックパソコンスクール橋本

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter