さがみはら緑区版 掲載号:2018年7月5日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

新院長、着任医師含め新体制に 医療レポート 「さらなる地域医療の充実を」 取材協力/晃友脳神経外科眼科病院

大橋元一郎新院長(上)大友朋子医師(下左)臼井浩医師(下右)
大橋元一郎新院長(上)大友朋子医師(下左)臼井浩医師(下右)
 「晃友脳神経外科眼科病院」(緑区大島)では、大橋元一郎新院長をはじめ、新たに大友朋子医師、臼井浩医師が着任し、新体制のもと、信頼の厚い地域医療サービスのさらなる充実をめざす。

 大橋院長は弘前大医学部卒。三井記念病院で研修後、慈恵医大、南東北グループで脳外科を専門に診療にあたった。新院長を務めるにあたり、同院での今後の方向性について「どんな疾患にも対応できる設備、技術に加え、デューク大学脳神経外科教授・福島孝徳医師(特別顧問・非常勤)の月2回の手術もあるので、難しい症例、難易度の高い手術にもさらに対応していきたい」と話す。加えて「安全な治療を最優先に心がけたい。手術室も先進の設備を整えており、顕微鏡、神経内視鏡、神経モニタリング装置もそろえている。そうした環境はもちろん、地域の救急、脳血管障害の受け入れも積極的に行っていく」とし、診療方針として安全面、救急面の充実に努める考えだ。

「専門医の強み生かす」「地域ニーズに応えたい」

 大友医師は東海大医学部卒。総合東京病院に勤務後、現職に。血管内治療の専門医として診療にあたる。「急性期の脳梗塞、血管内治療が必要な患者を全面的に受け入れるとともに、診療では専門医としての強みを生かしたい」と話す。

 臼井医師は川崎医科大医学部卒。慈恵医大病院で研修後、眼科に入局。東京労災病院、新松戸中央総合病院などで診療実績を持つ。「眼科全般に対応し、患者が満足してもらえるような対応を心がけたい。白内障手術では入院も受け付けている。地域ニーズに応えていくとともに、入院設備を整え、安心して手術を受けられる体制を敷いてあたっていきたい」とし、先進の地域医療をこれまで以上に推進していく構えだ。

■取材協力/晃友脳神経外科眼科病院

晃友脳神経外科眼科病院

相模原市緑区大島1605番1

TEL:042-761-2100

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6件

若年性アルツハイマー病

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

若年性アルツハイマー病

12月13日号

週3日体制で診療「足のむくみ外来」

写真コンテスト 作品募集

スマホ写真でも可 入賞者には副賞や記念品 テーマは相模線

写真コンテスト 作品募集

12月13日号

宝石・宝飾品リフォームフェア

12月6日〜8日 3日間限定の歳末感謝セール 眼鏡・時計・宝飾『ウエハラ』

宝石・宝飾品リフォームフェア

12月6日号

世界のはちみつ大集合

愛車売るなら地元店

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク