さがみはら緑区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

(PR)

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜 進歩する肺がん治療 新百合ヶ丘総合病院

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena

 肺がんの治療は、手術、放射線、薬物治療に大別されますが、今は薬物治療が最も進化しています。

 薬物治療とは従来の「殺細胞性抗がん剤治療」や、遺伝子変異をターゲットにした「分子標的治療」、2018年にノーベル医学生理学賞で注目された「免疫治療」です。免疫治療は、がん細胞が免疫に対しブレーキをかけることに着目したCTLA―4やPD―1などの働きを活用した治療法です。

 がんによって抑えられた免疫のブレーキを外す働きに注目した薬剤が免疫チェックポイント阻害剤です。2019年2月から、肺癌の初回治療では、殺細胞性抗がん剤に免疫治療を併用した治療が開始され、既存の治療よりも効果が高く生存の延長を認めています。

 がん治療の最前線は、がんの特徴に合わせた『個別化医療』の時代になっています。



【文/医療法人社団 三成会・新百合ヶ丘総合病院呼吸器内科部長 中嶌賢尚医師】

新百合ヶ丘総合病院

川崎市麻生区古沢都古255

TEL:044-322-9991

http://www.shinyuri-hospital.com/

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6

賢い相続を学ぶ

賢い相続を学ぶ

6月2日 杜のホールはしもと

5月23日号

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も…

腰痛専門の治療院

ギックリ腰・骨盤や脊髄の歪み・手足のしびれ・冷え性などを改善

5月16日号

屋根外壁塗装リフォーム相談会

屋根外壁塗装リフォーム相談会

5月24・28日 GAINA体験コーナーも

5月16日号

1万株のルピナスを堪能

津久井湖城山公園

1万株のルピナスを堪能

5月19日にイベント

5月16日号

多角的事業戦略の未来に迫る

新時代「令和」も新たな価値を創造 改元特別インタビュー

多角的事業戦略の未来に迫る

5月1日号

「地域のかかりつけ医」担い邁進

4月より新体制で再スタート 医療レポート

「地域のかかりつけ医」担い邁進

取材協力/晃友上九沢クリニック

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク