神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

橋本商店街協同組合 一般投票で全国1位に アプリ利用したイベントが評価

文化

公開:2022年4月28日

  • X
  • LINE
  • hatena
表彰状を持ち喜ぶ組合員
表彰状を持ち喜ぶ組合員

 デジタル技術を活用し地域の魅力発信にチャレンジしている商店街を表彰する「全国商店街DXアワード」のオンライン表彰式が4月14日に行われ、橋本商店街協同組合(古橋 裕一理事長)が一般投票で1位となった商店街に贈られる「オーディエンス賞」を受賞した。

 「全国商店街DXアワード」とは、ソーシャルネットワークサービスなどを活用して情報発信に取り組む全国の商店街を表彰する企画。橋本商店街協同組合は「オーディエンス賞」を受賞した。この賞はホームページ上で行われた一般投票で、エントリーした24団体の中で一番多く票数を獲得した商店街に贈られるもの。

 同組合は、1月11日から31日まで情報発信アプリ「橋本アプリ」上でスタンプラリーとガラポン「新春!アプリdeスタンプラリー!」を実施。非接触かつ密を防ぎながらイベントを行った。景品総額は200万円。商店街加盟店で使える商品券だけでなく、人気レジャー施設のチケットも景品となった。

地域の協力で逆転

 3月9日から一般投票が行われ、その5日後の中間発表では2位。直後から同組合の魅力などをSNSで発信するものの、次の中間発表では3位に転落してしまった。巻き返しを図るために各加盟店の顧客へ協力を呼びかけ、その結果最終発表では1位に輝いた。

 これまで同組合では、橋本アプリで加盟店舗の情報発信などを率先して行ってきたが、アプリ主体のイベントは今回が初めて。村上由香里副理事長は、「2年前から構想は出ていたが、なかなか実現することが出来なかった。そんな中商店街全体のイベント案を練ってきた。評価されて嬉しい」と話し、「最後の追い上げなど、地域の皆さんとの関係を築き上げることが出来ていたからできたこと。今後も地域のためのイベントを考えたい」と笑顔で話した。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

地域住民の憩いの場に

若葉台団地YYわかば

地域住民の憩いの場に

開設1年半 「盛り上げたい」 

4月18日

20%還元 6月3日開始

相模原市

20%還元 6月3日開始

スマホ苦手派に説明会も

4月18日

開業延期 地元の声は

リニア中央新幹線

開業延期 地元の声は

市内の工事日程は変更なし

4月11日

「ある」県内5自治体

災害時トイレ「独自指針」

「ある」県内5自治体

本紙が33市町村に調査相模原市は国基準で備蓄

4月11日

政令市で「標準化」遅れ

自治体基幹業務システム

政令市で「標準化」遅れ

相模原市「間に合わずか」

4月4日

イノベ創出、連携に期待

JR東海

イノベ創出、連携に期待

橋本駅南口に拠点開所

4月4日

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook