神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

相模原市議会 傍聴席に字幕モニター 聴覚障害、高齢者らへ配慮

政治

公開:2022年9月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
設置された表示モニター
設置された表示モニター

 相模原市議会は9月定例会から本会議場の傍聴席に字幕表示モニターを設置している。音声を認識して文字化するもので、聴覚障害者や難聴の高齢者らが本会議を傍聴する場合も、議場での発言を視覚で理解することができるようになった。

音声を文字化

 同システムは、議場内のマイクで拾った音声をAI音声認識エンジンを活用して文字化し、傍聴席に設置されたモニターに映し出す仕組み。議員や市職員の本会議での発言がリアルタイムで可視化される。漢字には振り仮名もつく。これにより、聴覚に障害のある人や高齢者が、発言内容を視覚で理解することができる。加えて、市議会局では「聞き慣れない専門用語などの理解にも効果的」と期待する。

 議会局によれば、導入の目的は「分かりやすく開かれた議会を実現する」こと。これまでも市は議会のバリアフリー化に向け、車椅子用の傍聴スペースの確保、点字・録音版の議会だよりの発行などに取り組んできた。議会局議事課では「さまざまな策を打っているが、実際の利用者数が少ないのが課題。より多くの人に関心をもってほしい」と話している。

議会改革の一環

 議会改革は、これまで議会運営委員会(大槻和弘委員長)を中心に進められてきたが、昨年7月、より集中的な議論を行うため同委員会の諮問機関として議会改革検討会(阿部善博座長)を設置。協議の上、36項目の推進を決定した。

 その1つとして、傍聴しやすい環境を整えるため、モニター設置について検討。先行導入していた川崎市議会の視察などを経て、相模原市議会でも実施する運びとなった。同委員会の西家克己副委員長は「予算や文字化の精度などを確認し、実現可能との判断に至った」と振り返る。

 議会改革について大槻委員長は「市政全般を市民が理解できる環境を整備するのは議会の使命。継続して課題解決にあたっていく」とし、過去5年分をネット配信している議会の録画中継をさらにさかのぼる案などを検討しているという。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

東北の人の憩いの場に

東北の人の憩いの場に

川尻に保養施設開所

7月18日

「市民には大きな不利益」

「市民には大きな不利益」

「合議制裁判」求めシンポ

7月18日

B級品をジュースに

ナカヤマファーム

B級品をジュースに

就農7年目、6次化に着手

7月11日

美化活動で環境大臣表彰

橋本本町ときわ会

美化活動で環境大臣表彰

地域の意識向上に寄与

7月11日

地域安全で協定

JCOM市自治連

地域安全で協定

防犯カメラ設置に後押し

7月4日

今年末で廃止、集約へ

橋本パスポートセンター

今年末で廃止、集約へ

行財政構造改革の一環で

7月4日

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook