神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

クラシックカーツーリングラリー 1都2県の観光資源巡る 4月8日(土)、9日(日) ゴールは相模湖

文化

公開:2023年4月6日

  • X
  • LINE
  • hatena
相模湖畔に集まるクラシックカー(前回大会の様子)
相模湖畔に集まるクラシックカー(前回大会の様子)

 相模原市を中心に近隣都県をクラシックカーが周遊するイベント「Route di SAGAMIHARA(ルートディ相模原)〜2nd トロフェオ・タツィオ・ヌヴォラーリ・相模原ステージ」が4月8日(土)、9日(日)に開催される。主催は一般社団法人相模原道志川観光推進連合会。

 同大会は22年の歴史を誇る北海道ラリーの相模原シリーズ。2021年11月に初開催され、今回が2回目となる。前回は主に相模原市を中心に周遊したが、今大会では、相模原市のほかに愛川町、東京都八王子市、山梨県上野原市、都留市、大月市、富士吉田市を巡る1都2県にまたがる広域観光イベントとして開催される。

ゴール会場でイベント

 ラリーのルールは事前に決められたコースを交通規制に従ってゴールを目指すというもの。時間の正確性、走行ルートの正確性を競う。参加するのは約25台のクラシックカー。基本的に1989年までに生産された乗用車が出場資格を持つ。

 初日のコースは、アリオ橋本をスタートし、市役所さくら通り、高田橋、内陸工業団地、半原、津久井地区、相模湖地区、藤野地区などを通りゴールは富士急ハイランド。2日目は富士吉田地区、青根地区、高尾山口IC前を通りゴールの相模湖公園を目指す。

 スタート地点のアリオ駐車場は午前8時から入場でき、9時30分から開会式が行われる。一般の見学も可能。レースは9時45分開始で、そこから1台ずつスタートする。9日のゴール地点となる相模湖公園では、午前11時から午後4時まで、イベントを開催。ハンドメイド体験や飲食ブースなどが出店し、バンド演奏などを楽しむことができるほか、レース後(ゴールは午後1時45分頃を予定)のクラシックカーを見学することもできる。

 同会では、「子どもの時に憧れた車や約100年前のクラシックカーなどが集まり、市内を周遊する。受け継がれてきた芸術的にも、歴史的にも価値あるクラシックカーをぜひご覧ください」と話す。

きっかけは台風被害

 同会代表理事の野呂正人さんは、青野原でキャンプ場を運営している。19年の東日本台風で道志川流域の施設が被害を受けると、野呂さんが代表となり復旧支援要望の活動を行った。その中でキャンプ場の復興だけでなく、緑区の観光資源をより知ってもらい、次世代へ受け継がなければならないと同会を設立。野呂さんは前職でレーシングカーの開発に携わっていたこともあり、今大会の開催に至った。同会では「多くの方に車の文化価値、魅力を知っていただき、緑区の観光資源を再発見するきっかけになれば」と話す。イベントの詳細は同会のHP(https://visitsagamihara.jp/)で確認できる。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

1市5町に「消滅可能性」

人口戦略会議

1市5町に「消滅可能性」

相模原「中間に位置付け」

5月16日

自転車レース 区内を疾走

ツアーオブジャパン

自転車レース 区内を疾走

5月25日 「迫力を感じて」

5月16日

22地区を「楽しく学んで」

市印刷広告協同組合

22地区を「楽しく学んで」

ゲーム開発で出前授業

5月9日

自転車振興を後押し

スルガ銀行

自転車振興を後押し

市と連携、独自イベントも

5月9日

災害対策拡充に重点

災害対策拡充に重点

市総合計画推進プログラム

5月9日

4日、5日に大凧まつり

4日、5日に大凧まつり

今年の題字は「稀風」

5月2日

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook