神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
さがみはら緑区版 公開:2023年11月23日 エリアトップへ

プラネタリウム一新へ 世界初のシステムを導入

教育

公開:2023年11月23日

  • X
  • LINE
  • hatena
リニューアル後のイメージ(写真は五藤光学研究所提供)
リニューアル後のイメージ(写真は五藤光学研究所提供)

 相模原市立博物館(中央区高根)はこのほど、開館30周年にあたる2025年にプラネタリウムをリニューアルし、世界初のハイブリッドシステムを導入すると発表した。来年3月の市議会定例会議に本契約の議案を提出する。契約予定金額は約5億円。25年1月に着工し、同年7月にリニューアルオープンする計画。

 導入するのは世界初のハイブリッドシステム。光学式プラネタリウムでは10・3億個の恒星像で美しい星空を再現。全天周デジタル式映像投影機器には高精細な8Kでの投影が可能なプロジェクターを採用し、朝夕に染まる空や雲の反射、月明かりをリアルに再現することができるという。

 小学校の授業で使用されるケースが多いため、学習指導要領に即したプログラムを装填。星空の下のスクリーンには市内69小学校と2義務教育学校の風景と星空が再現できるようになる。

 さらに、JAXA宇宙科学研究所との連携を一層強化するコンテンツの提供、旧投影機の展示、プラネタリウムの歴史や仕組みが分かる講座の開催などを計画している。

 佐々木春美館長は「JAXA宇宙科学研究所との連携なども重視しながら、『宇宙を身近に感じられるまち さがみはら』にふさわしい、ワクワクする施設にしたいと思っている」と話した。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

医療の基本方針を策定

中山間地域

医療の基本方針を策定

診療所は1地区1カ所に

2月22日

3.9%増で過去最大

相模原市予算案

3.9%増で過去最大

少子化対策など3本柱

2月22日

『橋』をテーマに魅力発信

『橋』をテーマに魅力発信

スタンプラリーで認知向上

2月15日

推計より早く人口減か

相模原市

推計より早く人口減か

都心回帰、少子高齢化が影響

2月15日

授業に生成AIを活用

中野中学校

授業に生成AIを活用

「考える訓練になる」

2月8日

休日一時保育の登録開始

相模原市

休日一時保育の登録開始

予約は3月から可能に

2月1日

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook