神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
さがみはら緑区版 公開:2023年11月23日 エリアトップへ

プラネタリウム一新へ 世界初のシステムを導入

教育

公開:2023年11月23日

  • X
  • LINE
  • hatena
リニューアル後のイメージ(写真は五藤光学研究所提供)
リニューアル後のイメージ(写真は五藤光学研究所提供)

 相模原市立博物館(中央区高根)はこのほど、開館30周年にあたる2025年にプラネタリウムをリニューアルし、世界初のハイブリッドシステムを導入すると発表した。来年3月の市議会定例会議に本契約の議案を提出する。契約予定金額は約5億円。25年1月に着工し、同年7月にリニューアルオープンする計画。

 導入するのは世界初のハイブリッドシステム。光学式プラネタリウムでは10・3億個の恒星像で美しい星空を再現。全天周デジタル式映像投影機器には高精細な8Kでの投影が可能なプロジェクターを採用し、朝夕に染まる空や雲の反射、月明かりをリアルに再現することができるという。

 小学校の授業で使用されるケースが多いため、学習指導要領に即したプログラムを装填。星空の下のスクリーンには市内69小学校と2義務教育学校の風景と星空が再現できるようになる。

 さらに、JAXA宇宙科学研究所との連携を一層強化するコンテンツの提供、旧投影機の展示、プラネタリウムの歴史や仕組みが分かる講座の開催などを計画している。

 佐々木春美館長は「JAXA宇宙科学研究所との連携なども重視しながら、『宇宙を身近に感じられるまち さがみはら』にふさわしい、ワクワクする施設にしたいと思っている」と話した。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

東北の人の憩いの場に

東北の人の憩いの場に

川尻に保養施設開所

7月18日

「市民には大きな不利益」

「市民には大きな不利益」

「合議制裁判」求めシンポ

7月18日

B級品をジュースに

ナカヤマファーム

B級品をジュースに

就農7年目、6次化に着手

7月11日

美化活動で環境大臣表彰

橋本本町ときわ会

美化活動で環境大臣表彰

地域の意識向上に寄与

7月11日

地域安全で協定

JCOM市自治連

地域安全で協定

防犯カメラ設置に後押し

7月4日

今年末で廃止、集約へ

橋本パスポートセンター

今年末で廃止、集約へ

行財政構造改革の一環で

7月4日

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook