神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

相模原市 6月にポイント還元実施 物価高騰対策として

経済

公開:2024年2月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
相模原市役所
相模原市役所

 相模原市は物価高騰対策の一環として「さがみはらみんなの暮らし応援パッケージ」を予算化した。主にスマートフォン決済を活用したポイント還元事業を計画しており、6月にキャンペーンを実施する予定だという。

 12月の補正予算では、エネルギーや食料品価格などの物価高騰に伴う生活者・事業者への支援事業「さがみはらみんなの暮らし応援パッケージ」に要する経費として総額77億5500万円を計上した。

 市民向けの支援として、スマートフォンによる決済を利用したポイント還元事業には、還元率20%を想定して7億9千万円を計上。相模原市ではコロナ禍の経済活性化策として同様の事業を実施した経緯があり、今回も市内の対象店舗を利用すると一定の還元率のポイントが付与される仕組みが想定される。

 事業を担当する市産業・雇用対策課によると、事業者の選定を行った上で具体的な仕組みや還元率を決定するとしている。キャンペーンの実施を開始する時期は6月頃を予定。

高齢者に商品券

 物価高騰の影響を受けている高齢者に1人あたり5000円分の商品券を配布する事業も実施する。対象は基準日(2023年12月1日)に相模原市に住民登録があり、1949(昭和24)年4月1日以前に生まれた人。配布されるのは5000円分(1000円券×5枚)のJCBギフトカード。3月下旬以降に順次送付される予定。

 さらに、市民税非課税世帯には、追加の給付金を支給し支援する。

給食費の無償化も

 市立小学校などの学校給食費について、1月から3月までの3カ月分を無償化することを決定。また食物アレルギーなどで小学校の給食を喫食していない児童の保護者に対しては、給食費相当分を給付することを決めた。

 市立小・中学校や保育所の給食の食材費支援について、これまで1食あたり15円を上乗せしてきたが、12月から3月分まではさらに15円を上乗せする。地場産の使用を進め、市内の生産者への支援も図る。

 その他にも同事業では、指定管理者に対し当該施設の適正な管理運営を支援するため、電気・ガス等の料金単価の上昇に応じた支援金を支給(1億1366万円)。同様に高齢・障害者施設等の負担軽減を図るための支援金(3億4907万8000円)、児童福祉施設等の負担軽減を図るための支援金(3億1490万円)をそれぞれ支給する。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

地域住民の憩いの場に

若葉台団地YYわかば

地域住民の憩いの場に

開設1年半 「盛り上げたい」 

4月18日

20%還元 6月3日開始

相模原市

20%還元 6月3日開始

スマホ苦手派に説明会も

4月18日

開業延期 地元の声は

リニア中央新幹線

開業延期 地元の声は

市内の工事日程は変更なし

4月11日

「ある」県内5自治体

災害時トイレ「独自指針」

「ある」県内5自治体

本紙が33市町村に調査相模原市は国基準で備蓄

4月11日

政令市で「標準化」遅れ

自治体基幹業務システム

政令市で「標準化」遅れ

相模原市「間に合わずか」

4月4日

イノベ創出、連携に期待

JR東海

イノベ創出、連携に期待

橋本駅南口に拠点開所

4月4日

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook