神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

相模原北警察署 詐欺抑止の店を認定へ 被害減へ独自の取り組み

社会

公開:2024年5月30日

  • X
  • LINE
  • hatena
店頭に掲示されたサポート詐欺抑止の店のポスター
店頭に掲示されたサポート詐欺抑止の店のポスター

 相模原北警察署(金成保廣署長)は、今年度から管内でサポート詐欺を阻止したコンビニなどを「サポート詐欺抑止の店」として認定し、店頭などにポスターを掲示してもらう取り組みを始めた。店員が声掛けしやすい環境をつくり、詐欺が身近にあることを周知し、被害の減少を目指す。

 サポート詐欺とは、「パソコンがウイルスに感染した」などと嘘の画面を表示させ、その修理費や手数料を支払わせる詐欺のこと。電子マネーカードで支払わせることが多く、カードを購入する場所としてコンビニが使われることが圧倒的に多い現状がある。

 サポート詐欺を未然に防ぐためには、「電子マネーカードを購入させない」ことが重要になる。そのため、同署ではコンビニ各店に注意を呼び掛け、購入客に対して一声掛けるなどの協力を要請している。さらに、「署がサポート詐欺を抑止した店を認定して周知することで、お店の方がより自信を持って声を掛けやすくなるのでは」とこの取り組みをスタートした。購入客に対しては詐欺への注意を訴えることもできる。同署の生活安全課の担当者は「被害を抑止するために多くのコンビニに広がり、1件でも減らすことができれば」と期待する。

「お客さまを守る」

 5月24日にはローソン相模原二本松二丁目店とセブンイレブン相模原九沢小前店をサポート詐欺抑止の店として初めて認定した。功労者に金成署長から感謝状と「サポート詐欺抑止の店」のポスターが手渡された。2件の被害を食い止めたローソン相模原二本松二丁目店の渋井達也オーナーは「日頃から電子マネーを購入するお客さまには声掛けをするようにしている。ご近所の方も多く来店するので、お客さまを守るために、引き続き声を掛けていきたい」として、店頭と電子マネー売り場にポスターを掲示した。

 金成署長は「声を掛けるというのはとても勇気のいることで、詐欺を1件でも阻止していただけるのは大変ありがたい」と感謝した。

 なお、北署管内の今年の特殊詐欺の認知件数は5月20日時点で、前年より2件少ない4件。被害総額は約960万円で前年同時期と比較して約250万円の増加となっている。手口としては、オレオレ詐欺が3件、預貯金詐欺が1件発生している。同署では「パソコンがウイルスに感染して料金を請求されたという相談を多数受理している。十分に注意してほしい」と話している。

2件の被害を防いだ渋井オーナー(左)と金成署長
2件の被害を防いだ渋井オーナー(左)と金成署長

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

B級品をジュースに

ナカヤマファーム

B級品をジュースに

就農7年目、6次化に着手

7月11日

美化活動で環境大臣表彰

橋本本町ときわ会

美化活動で環境大臣表彰

地域の意識向上に寄与

7月11日

地域安全で協定

JCOM市自治連

地域安全で協定

防犯カメラ設置に後押し

7月4日

今年末で廃止、集約へ

橋本パスポートセンター

今年末で廃止、集約へ

行財政構造改革の一環で

7月4日

認知症支援拠点を開設

相模原市

認知症支援拠点を開設

コーディネーターを配置

6月27日

高校生が意見出し合う

緑区区民会議

高校生が意見出し合う

「若者の意見を」と初開催

6月27日

7月は「社会を明るくする運動」強調月間です

7月13日 SC相模原のホームゲームで啓発活動を実施(問)相模原市生活福祉課042-851-3170

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/

相模原で30年。

あなたの心を満たす明るい未来をイメージしながら 暮らしの中の「あったらいい」をカタチにしています

https://www.thirty-four.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook