神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
多摩版 公開:2024年2月15日 エリアトップへ

映画「すべての夜を思いだす」の監督・脚本を務めた 清原 惟さん 多摩市出身 31歳

公開:2024年2月15日

  • X
  • LINE
  • hatena

「日常」にこだわり撮影

 ○…約5年をかけた最新作が完成し、来月公開を迎える。「3人の女性とまち自体が主人公。人々の日常とまちの魅力を見てほしい」。公開を前に取材や劇場用のパンフレット制作など多忙な日々を過ごす。映画撮影では商店街や協力してくれた人が多かったことから先行上映会を市内で実施することに。すでにチケットは完売したが「特に手伝ってくださった市民の方に見てもらいたい気持ちが強かった」と感謝の気持ちを表す。

 ○…監督をめざしたのは高校生の時。友人と遊びで映画を作ったことがきっかけ。「映画を撮ることで自分自身の世界の見え方が変わる瞬間が面白かった」。大学時代にに同級生と共同で製作した作品が「ぴあフィルムエスティバル」に入選したことから注目を集めた。「当時は何も分かっていなかったけど経験を積んで楽しみ方が分かってきたのかな」。多くの人と映画撮影することの楽しさを実感している。

 ○…4歳まで市内で過ごした。「公園や緑が多くて原風景という印象」。映画製作のため市内を訪れてはリサーチを繰り返した。息抜きは散歩。「歩きながら、その場所の風景を見ることが好きですね」と話し、多摩丘陵地を歩き回った。「多摩市内を歩くのが楽しく魅力的なまち。『ここに道があったんだ』って新たな発見がいつもありますね」と微笑む。

 ○…「普通に生きている人の日常を映画にしたい」。映画製作に関するこだわりは変わらず、これからも邁進していく。今作では図書館で手にした書籍をもとに著者を探し出して話を聞いたり、ニュータウン草創期の住人にインタビューを行うなど丁寧な作品作りで完成させた。「まちにこの映画を作らせてもらった感じ。多摩のまちにとても感謝しています」

多摩版の人物風土記最新6

渡邊 哲也さん

多摩市立中央図書館の館長に就任した

渡邊 哲也さん

八王子市在住 53歳

6月20日

小林 務さん

20周年を迎えた東京多摩プロバスクラブの会長を務める

小林 務さん

日野市在住 83歳

6月6日

齋藤 潤さん

多摩聖蹟ウォーク&ランを立ち上げた

齋藤 潤さん

一ノ宮在勤 53歳

5月23日

城所 久夫さん

4月1日付で多摩市消防団の団長に就任した

城所 久夫さん

連光寺在住 61歳

4月25日

高瀬 喜重子さん

創立50周年を迎えたわかば卓球クラブの代表を務める

高瀬 喜重子さん

一ノ宮在住 86歳

4月11日

渋下 すみれさん

被災地復興支援企画のトークセッションでファシリテーターを務めた

渋下 すみれさん

落合在住 21歳

3月28日

あっとほーむデスク

  • 5月11日0:00更新

  • 4月27日0:00更新

  • 4月13日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook