横須賀版 掲載号:2013年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

県内・町田地方議員 選挙に「ネット活用」80% 本紙が独自アンケート

 今夏の参議院選挙からインターネットを使った選挙活動が解禁される見通しとなった。これを受け、タウンニュース社では、紙面を発行する神奈川県と東京都町田市の全地方議員933人に対し、独自アンケートを実施。その結果、「解禁後、選挙にネットを活用する」との回答が80%で、ネット選挙への関心の高さを示した。

 アンケートは3月上旬から中旬にかけて実施。回答者数は613人で、回収率は66%だった。質問は【1】現在、インターネットを活用して情報発信を行っているか【2】活用している情報発信サービスの種類【3】解禁後、インターネットでの情報発信を活用するか【4】解禁後に活用したいサービスの種類―の4点。

 【1】については73%が「活用」と回答。【2】は80%の「ホームページ」が最も多く、「個人ブログ」59%、「フェイスブック」49%(複数回答)の順になった。また、【3】の「選挙にネットを活用する」は80%の結果。「より多くの人に情報発信ができる」「若い世代に有効」といった理由から、現在はネットを活用していない議員も、選挙には利用したい意向だ。世代別では、49歳以下の92%がネットを活用中。50歳以上の63%に対し、29ポイントも高い結果となった。しかし、選挙でのネット活用には、50歳以上の74%が意欲を示す。

横須賀は83%が「活用」

 横須賀(県議・市議)では、46人中30人から回答を得た。そのうち、現在ネットで情報発信をしているのは83%と、全体を10ポイント上回った。横浜、川崎、相模原の政令市での86%をやや下回り、都市部での利用率の高さが伺える。

 解禁後にネットを選挙活動に活用すると回答したのは76%という結果。「有権者の判断材料のツールのひとつになりうる」「SNSは年代別・性別などの分析に役立ち、双方向の情報の共有ができる」といった積極的な意見があった一方、「なりすましやネガティブキャンペーンの対策が必要」「ポピュリスト的な宣伝の仕方が得意な候補者がますます当選しやすくなることが予想される」といった声も寄せられた。

 アンケート結果などの詳細は「タウンニュース政治の村」サイトで閲覧できる。
 

【タウンニュース政治の村】アンケート結果は以下からご覧いただけます

http://seijinomura.townnews.co.jp/questionnaire-2013.html

暑中お見舞い申し上げます

時代に適応、求められる奉仕活動

1951年創設、67年の歴史と伝統を有する奉仕団体です。

http://yokosuka-rc.jp/

(有)飯塚慎治郎商店

確かな技術で皆様の暮らしの安全、安心と快適をサポート

http://www.iizukashinjiroshoten.co.jp

地域密着の外壁塗装会社

三浦半島で唯一の塗料メーカー認定の施工店

http://www.su-place.co.jp/

海と森と歴史が融合した農園

東京湾を眺めながら夏はブルーベリー、冬はレモンの摘み取りが楽しめます。

http://mutsumi-group.com/farmaseagardenuraga/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6件

さらなる高みへ!三浦学苑2度目のインターハイ

女子球児たちの夢舞台

ダンスで「地元愛」

ベイ2軍戦 家族で観よう

中高生が起業体験

アントレチャレンジ2018

中高生が起業体験

7月27日号

地道な努力 最大の武器

弓道部女子 3年 新田果音さん

地道な努力 最大の武器

7月27日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月30日号

お問い合わせ

外部リンク