横須賀版 掲載号:2014年4月25日号 エリアトップへ

「カレーの街」勢い加速

掲載号:2014年4月25日号

  • LINE
  • hatena
平松廣司(手前左)・永澤弘夫(手前右)両会頭も絶賛
平松廣司(手前左)・永澤弘夫(手前右)両会頭も絶賛

横須賀市が「カレーの街よこすか」を掲げて15周年を迎える今年。ご当地グルメとしてすっかり定着した「海軍カレー」は勢いをさらに加速させている。日本最大級と銘打った「よこすかカレーフェスティバル」も来月10日(土)・11日(日)に控える。関連する2つの話題をピックアップした。

弘前りんごとコラボ

 横須賀と青森県弘前の両商工会議所の物産連携で弘前りんごの入った「よこすか海軍カレー」のレトルト品が誕生した。

弘前市は全国の約20%のりんご生産量を占める一大産地。販路の拡大をめざす弘前商議所から商品化の依頼を受け、横須賀カレー本舗の鈴木孝博社長がカレーの具材として取り入れることを思いついた。完成した商品は「りんごの果肉から染み出した甘味がカレーの味を奥深いものにしている」と鈴木社長。1箱450円(税別)で3500食限定販売。若松町のYYポート横須賀で購入できる。

幻の味は商品化を待て

 入場を待つ列が約1キロにわたって続く盛況ぶりとなった19日の護衛艦カレーグランプリ。会場の海上自衛隊横須賀地方総監部には総勢1万8千人が詰めかけた。海上自衛隊の艦船で隊員らに振る舞われているカレーの味を競うコンテストでは、来場者の投票で横須賀潜水艦部隊の「濃厚味わいカレー」がグランプリを獲得。24品目の食材をじっくり煮込んだ秘伝の味が大勢の胃袋をつかんだ。海自カレーの缶詰を商品化しているトライアングルでは、今回のナンバー1カレーをシリーズに加えるという。

目当ての味を求めて長蛇の列
目当ての味を求めて長蛇の列

横須賀版のローカルニュース最新6

かつて存在した「富士講」

三浦半島ただひとりの先達

かつて存在した「富士講」 文化

10月18日号

横須賀から日本代表に声援

ラグビーW杯

横須賀から日本代表に声援 スポーツ

「PV」に2百人、トークショーも

10月18日号

ファインダー越しの京急愛

高校1年生倉田陽琉さん

ファインダー越しの京急愛 文化

津久井「ツバメ号」で写真展

10月18日号

五輪スカジャンお披露目

五輪スカジャンお披露目 文化

横須賀・ドブ板を世界へ

10月18日号

めくって知る今昔風景

めくって知る今昔風景 社会

くりはまカレンダー販売開始

10月18日号

高品質で人気の作業製品

高品質で人気の作業製品 教育

長瀬の刑務支所で「矯正展」

10月18日号

スカジャンでロック

スカジャンでロック 文化

三笠公園でフェス

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク