横須賀版 掲載号:2014年6月27日号 エリアトップへ

坂本中奈須川君 小兵ながら真っ向勝負 指負傷も優勝掴む

スポーツ

掲載号:2014年6月27日号

  • LINE
  • hatena
「相撲は一瞬の判断が命取り」と奈須川君。8月に、日本中の猛者が集まる全国大会に挑む
「相撲は一瞬の判断が命取り」と奈須川君。8月に、日本中の猛者が集まる全国大会に挑む

 「試合中は無我夢中で、骨折したときのことは何も覚えていないんです」―。上町在住の奈須川良太君(14/坂本中3年)が、22日に行われた神奈川県民ジュニア相撲大会無差別級の部で57人の頂点に立った。上位3人と共に、8月に行われる全国大会に県代表として出場する。

 良太君は174cm、72kgの軽量級。相撲の選手にしては小柄な体格だ。130kg超えの巨漢も揃う無差別級。フットワークの軽さを武器に順調に勝ち進んだが、決勝の相手は自分より20kg重い、自他ともに認める因縁のライバル。小5からの一度も勝ったことのない相手だけに「勝てるかどうか自分でも半信半疑だった」と大一番を振り返る。試合は、連続の張り手を顔に受け鼻血が出るほどの熱戦に。互いにまわしを掴み合い、土俵際の競り合いとなるが「とにかく何も考えず」力の限り寄り倒した。「初めてライバルに勝った」。喜びも束の間、土俵から降りると右手人差し指に激痛が。同日に行われた軽量級の部は棄権。「両方の部で優勝するのが目標だった」と残念な顔を見せるが、「早く指を治して全国大会では力を出し切りたい」と切り替えている。 

大柄選手に負けない

 小3で相撲に出会い、稽古が厳しいことで知られる川崎の相撲クラブへ。大学の相撲部と合同で稽古をすることもあるという。朝の走り込みや、1日200回の四股踏みも忘れない。左右の動きを活かした攻めが持ち味だが、大柄の相手にまわしを取られ「吊り上げ」られたら一巻の終わりだという。今までの相撲人生でも、組み方を誤り、体ごと持ち上げられるという恐怖と屈辱を何度も感じた。その分、「自分より大柄の選手を倒したときが一番楽しい」。将来の夢はまだ決まっていないが、全国大会では「できることを精一杯やるだけ」と意気込みを見せた。

横須賀版のローカルニュース最新6

かつて存在した「富士講」

三浦半島ただひとりの先達

かつて存在した「富士講」 文化

10月18日号

横須賀から日本代表に声援

ラグビーW杯

横須賀から日本代表に声援 スポーツ

「PV」に2百人、トークショーも

10月18日号

ファインダー越しの京急愛

高校1年生倉田陽琉さん

ファインダー越しの京急愛 文化

津久井「ツバメ号」で写真展

10月18日号

五輪スカジャンお披露目

五輪スカジャンお披露目 文化

横須賀・ドブ板を世界へ

10月18日号

めくって知る今昔風景

めくって知る今昔風景 社会

くりはまカレンダー販売開始

10月18日号

高品質で人気の作業製品

高品質で人気の作業製品 教育

長瀬の刑務支所で「矯正展」

10月18日号

スカジャンでロック

スカジャンでロック 文化

三笠公園でフェス

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク