横須賀版 掲載号:2014年10月24日号 エリアトップへ

統一地方選 市議20人が出馬の意向 本紙アンケートに現職32人回答

掲載号:2014年10月24日号

  • LINE
  • hatena

 来年4月に予定されている統一地方選に関して、タウンニュース社では、現職の市会議員(41人)に対し、出馬の意向や市が抱える課題についてアンケートを行った。

 アンケートは先月末、現職の市議会議員41人に送付。次回市議選への出馬意向と選挙で訴えたい事項、横須賀市が抱える喫緊の課題について質問した。22日現在で回答があったのは32人。20人が立候補を「予定している」と答え、2人が引退もしくは県議への出馬の意向を示している。「決めていない」とするのは2人。また、回答を保留した議員が1人。7人が所属する公明党は党の方針を待って意向を公表するとしている。9人からは回答がなかった。

 さらに、現職以外で出馬を検討している新人・元職は現段階で10数名。すでに街頭活動を行っている立候補予定者もおり、今後の動向次第では、激戦となりそうだ。

 前回(2011年4月)の市議選では、41議席に対して61人が出馬。現職3人が議席を失い、新人10人が当選を果たした。東日本大震災の直後で、自粛ムードが漂う中での選挙戦。防災対策を掲げる候補者が多かったものの、目立った争点がなく、投票率も過去最低の47・98%に沈んでいる。

人口減に危機感

 質問事項の中で、市の喫緊課題として大半の議員が挙げたのは、「人口減少」への対応。高齢化や雇用、地域経済の沈滞など、市が抱える問題のほとんどが人口減と関連しているという見方だ。これらの課題に対して、「子育て施策を充実させることが転入促進につながる」「人口減には様々な要素があり、包括的に取り組むべき」「定住化のための企業誘致や雇用の充実が必要」「横須賀の特色や魅力、イメージなどの発信で人口流出を抑制」「将来の納税者を育てることに関連した学校教育の充実」といった具体策を挙げている。人口減少の問題は、将来的なまちづくりや地域活性と表裏一体であるという認識の強さが目立った。

 また、市の進める施設適正化計画など公用施設の在り方や、市民サービスの方向性、中学校給食の実現、原子力防災などの安全対策を重要課題とする回答も並んだ。

 さらに、『選挙戦で訴えたいこと』として、地元経済の活性化や地域再生、地域力といったキーワードとそのための施策を争点に挙げる回答が多かった。また、地方議員の不祥事がニュースになる中で「議会の活性化」「地方分権が進み、地方議員が果たすべき役割と責任を自ら見直すべき」「増税などで生活への負担が大きくなる中、市民を守る姿勢を見せたい」といった、議員の資質に踏み込んだ視点も見られた。

県議選も混戦模様

 県議会議員に関しては、現職5人がそれぞれ党の公認を得ている。共産党は市議が県議への鞍替えを表明しており、県議会での議席確保を目指す。また、現職県議が維新の党に移籍したみんなの党は先月、新人候補を擁立。現状では5議席を7人で争う形になりそうだ。   (10月22日起稿)
 

横須賀版のトップニュース最新6

歯科医師会 西逸見に新拠点

歯科医師会 西逸見に新拠点 社会

口腔衛生センター8月に移転

6月21日号

ドローンで食材配送

猿島

ドローンで食材配送 経済

楽天と西友 近未来の買い物体験

6月21日号

イスラエルチーム誘致

横須賀市

イスラエルチーム誘致 スポーツ

五輪前の柔道キャンプ地に

6月14日号

シニア世代 輝きもう一度

シニア世代 輝きもう一度 文化

60歳以上の新劇団立ち上げ

6月14日号

久里浜にマリノス練習場

久里浜にマリノス練習場 社会

2022年に部分供用開始

6月7日号

谷戸活性のアイデア求む

横須賀市

谷戸活性のアイデア求む 社会

最大100万円を補助

6月7日号

授業中の脳活動可視化

東京大教授ら

授業中の脳活動可視化 教育

三浦学苑で日本初の実証実験

5月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

演奏聴いてニジェール支援

演奏聴いてニジェール支援

7/7(日) 地球堂で慈善コンサート

7月7日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク