横須賀版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

解散は朝8時ジャスト ひと汗かいて仕事も好循環

スポーツ

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena
早朝からフルスイング
早朝からフルスイング

 「ここ集中だぞ」「ナイスボール」―。午前6時すぎの大津グラウンドに男たちの大きな声が飛び交う。早朝野球の暁杯リーグ戦、珈光ヒァーズ対バトラーの一戦は勝った方が優勝という大一番。選手たちの表情は真剣そのものだ。

 横須賀と早朝野球の歴史は深い。実は全国野球連盟が認める早朝野球”発祥の地”。戦後間もない頃、ベースに勤務する多忙な人々が始業前の早朝にプレーし始めたのが起源だという。今年で34年目を迎える同リーグ戦には現在13チームが参加。50年以上前に結成されたチームもある。

 横須賀市野球連盟の会長徳光堆史さんは「多忙な社会人にも野球ができるようにしたかった」と暁杯リーグと市長杯を創設。通年で週に1回は試合ができる環境を整えた。休日は別のチームに所属し、活動に励む人がほとんどだが、それだけでは飽き足らず、平日にも野球をやりたいという人たちの受け皿を早朝野球が担う。終業後よりも、時間を確保しやすい始業前の方が、人数が集まりやすく、定着していったという。

 珈光ヒァーズに所属する衣笠在住の伊藤静剛さん(42)は「朝に好プレーができると仕事に良いモチベーションで臨める」と話す。

好きな野球に打ち込め、その後の仕事にも張り合いが出るという好循環だ。

 多くの会社員が休みの土日にも早朝野球は行われる。試合が終了し、解散した時点でもまだ午前8時。1日はまだ始まったばかりなので、貴重な休日も有効に使うことができる。伊藤さんは「日中に野球をすると1日つぶれてしまうが、朝にやることで昼間に家族サービスの時間を取ることができる」とメリットを口にする。

 [この連載では横須賀で行われている朝活を紹介していきます]

横須賀版のローカルニュース最新6

「地域課題」まずは共有

「地域課題」まずは共有 社会

三浦学苑高生が問題提起

8月23日号

大音量で音楽映画

大滝町ライブハウス

大音量で音楽映画 文化

よみがえる大スクリーン

8月23日号

歩いて考える「谷戸」活用

歩いて考える「谷戸」活用 社会

謎解きイベント 学生団体が企画

8月23日号

「南国気分味わって」

「南国気分味わって」 社会

浦賀のカフェに白い砂浜

8月23日号

イスラエル選手と”JUDO”

イスラエル選手と”JUDO” 文化

学生ら横須賀学院で交流

8月23日号

10mの特大「らくがきアート」

10mの特大「らくがきアート」 社会

立場や障害を超えて交流

8月23日号

「楽器に触れて 楽しんで」

「楽器に触れて 楽しんで」 文化

プロ演奏家が体験会

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク