横須賀版 掲載号:2015年12月11日号 エリアトップへ

横須賀中央エリア 市長公約「ホコ天」見送り 代替案に”街市(まちいち)”浮上

掲載号:2015年12月11日号

  • LINE
  • hatena
人通りの減少が懸念される中央大通り
人通りの減少が懸念される中央大通り

 吉田雄人市長が2期目の公約としていた、横須賀中央大通りを歩行者天国にする「ホコ天プロジェクト」の実施が当面見送られることが4日、明らかになった。街のにぎわいを取り戻すため、受け身で客を待つのではなく、店の外に飛び出して商品を販売したりするという「商店の意識改革を狙った」(吉田市長)同プロジェクト。今年7月には、プレイベントとして商店街横断セールを実施。12月にホコ天を視野に入れた大規模イベント「(仮称)横須賀中央下町フェスティバル」を計画していた。

 しかし、エリア内の商店街と市、商工会議所で組織される実行委員会は、「現在の各店の理解・協力体制の不十分さでは、交通規制が伴う大規模イベントの開催は困難」と判断。同フェスティバルの中止が決定した。同会委員長の坂倉純一さんは、「既存のイベントの開催を通し街の協力体制が整った段階で、改めてホコ天も検討したい」と話している。同委員会は今年度中に解散する予定。

定期的なにぎわいを

 同じく中央エリア活性化のため活動している若手有志団体「ヨコスカダウンタウンクラブ(YDC)」では、定期的な街のにぎわい創出を目的とした「街市(まちいち)(仮)」を計画している。月に一度のペースで開催し、中央での買物を楽しんでもらおうというもの。規模などは未定だが、来年度の開催をめざし、地元商店などに出店協力を仰ぎながら準備を進めていく予定だ。

横須賀版のローカルニュース最新6

「消費者目線」で信頼築く

新会長の横顔──

「消費者目線」で信頼築く 経済

7月3日号

コロナ基金に300万円

ソロプチ横須賀が寄附

コロナ基金に300万円 社会

7月3日号

香川の旧京急車両を再び赤く

香川の旧京急車両を再び赤く 社会

クラファンで寄付募る

7月3日号

WEB会議で市政に意見

市議会会派の対話集会

WEB会議で市政に意見 政治

市民約20人が参加

7月3日号

東京湾集水域の里山と淡水域

観音崎自然博物館

東京湾集水域の里山と淡水域 教育

常設展示を大幅改変

7月3日号

森戸海岸前にホテル

森戸海岸前にホテル 社会

「ガボン葉山」跡地に

7月3日号

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク