横須賀版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

明浜小4年1組 クッキーに地元食材活用 ひじきや海苔使い試行錯誤

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena
カレークッキー(左)とひじきクッキー(右)を手にする児童
カレークッキー(左)とひじきクッキー(右)を手にする児童

 市立明浜小学校(久里浜6丁目)の4年1組の生徒たちが地元の特色を活かし、久里浜のひじきや猿島の海苔を使った「明浜クッキー」作りに励んでいる。

 同クラスは春から総合学習の授業で「地域に携わる」をテーマに活動。自分たちが住む町の特徴は商店街という声が多くあがり、取材に出向いた。パン屋や焼き鳥屋などを訪問し、商店街に「美味しいものがたくさんある」ことを再発見。特に興味を持ったのが酒蔵一升屋の黒船汁。店主の藤原哉(はじめ)さんを学校に招き、地元野菜や久里浜のタコ入りつみれが入っていること、久里浜で一番のご当地グルメを決める「食の祭典」で昨年グランプリを獲得したことを教えてもらった。「何事にも一生懸命」と担任の堀井真(しん)教諭が話すクラスは同祭典に出店可能なことを知り「自分たちも出たい」とやる気に。早速商品作りに取りかかった。

商店街イベントで配布

 9月から議論を重ね、地元食材を使ったクッキーを作ることに。太くて柔らかい久里浜のひじきを入れた「ひじきクッキー」、横須賀の食を代表するカレーを使った「カレークッキー」、猿島で獲れた海苔とチョコを合わせた「のり&チョコクッキー」を完成させ、11月の「食の祭典」に出店する予定だった。

 しかし迎えた当日は荒天のために中止。仕方なく配る予定だったクッキーを家族らに食べてもらうと「何の味かわからない」等様々な反応が返ってきた。第3者の意見を参考に改良を加え、もう一度作り直すことにした。

 現在力を入れているのが「のり&チョコクッキー」。14日の授業では2時間続けて作業に没頭。海苔の分量を多くする、板チョコを溶かす、チョコチップをさらに細かく…など試行錯誤を重ねていた。

 完成した3種が入った「明浜クッキー」は今月23日(水・祝)に行われる商店街イベント「久里浜クリスマスフェスタ」で無料配布する。「地域に住んでいる多くの人に食べてもらいたい」と子どもたち。午前10時から久里浜商店街はろーど通りで実施(雨天中止)。

横須賀版のローカルニュース最新6

かつて存在した「富士講」

三浦半島ただひとりの先達

かつて存在した「富士講」 文化

10月18日号

横須賀から日本代表に声援

ラグビーW杯

横須賀から日本代表に声援 スポーツ

「PV」に2百人、トークショーも

10月18日号

ファインダー越しの京急愛

高校1年生倉田陽琉さん

ファインダー越しの京急愛 文化

津久井「ツバメ号」で写真展

10月18日号

五輪スカジャンお披露目

五輪スカジャンお披露目 文化

横須賀・ドブ板を世界へ

10月18日号

めくって知る今昔風景

めくって知る今昔風景 社会

くりはまカレンダー販売開始

10月18日号

高品質で人気の作業製品

高品質で人気の作業製品 教育

長瀬の刑務支所で「矯正展」

10月18日号

スカジャンでロック

スカジャンでロック 文化

三笠公園でフェス

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク