横須賀版 掲載号:2016年1月1日号 エリアトップへ

馬堀海岸有馬さん 五輪視野に、飛翔誓う 候補種目のスケボー競技で

スポーツ

掲載号:2016年1月1日号

  • LINE
  • hatena
「大会では緊張するけど、楽しさの方が勝る」と有馬さん
「大会では緊張するけど、楽しさの方が勝る」と有馬さん

 2020年東京五輪の追加種目候補のひとつに、スケートボードが浮上している。傾斜面や手すりを使って繰り広げるアクロバティックな技が見物で、10〜20代を中心に人気のスポーツ。今年8月に正式決定されるとあって、俄然注目が集まりそうだ。市内にも、プロとして国内外の大会で活躍する19歳の青年がいる。

 若者に人気のある競技の練習場として1996年に開設した、平成町のうみかぜ公園内にあるスポーツ広場。約500平方メートルのスケートエリアには、手すりや傾斜面など複数の障害物が配置されている。ここをホームにするのは、馬堀海岸在住の有馬昂希(こうき)さん(19)。偶然見たスケボーのアメリカンな絵柄に惚れ込み、父親にねだって買ってもらったのが小4のとき。それ以来、学生時代の放課後のほとんどは、この公園で過ごした。

 ジャンプの高さやデッキ(ボード)の回転数、技の難易度を競う。安浦町にあるスケボー専門店主催の教室には通っていたが、ジャンプや技はほぼ独学。得意とするのは、傾斜面を使い宙に浮いている間に足でデッキを回転させるフリップ系。「昨日までできなかったことができる瞬間がある。飽きを感じたことは今まで一度もない」と有馬さん。15歳のとき、全日本アマチュア大会で優勝。翌年、プロに転向した。

 「もし正式種目に選ばれたら?」という問いに、「出られるチャンスがあるなら出場したい」と控えめな一言。体調や精神面がパフォーマンスにダイレクトに影響しやすい同競技。先月マレーシアで行われた国際大会には、日本代表として同世代4人と共に参戦した。奮闘したが、調子の悪さが響いて9位。「実力的にはまだまだ。ランキング上位になる人たちはほとんどミスをしない」と悔しさを滲ませる。

 昨年、横須賀工業高校を卒業し、現在は競技に専念している。天秤に掛けた大学進学には未練が残るが、「今はこちらに全力で打ち込みたい」。五輪も見据えたスキルアップのため、3月から1年間、カナダに武者修行に出る。アメリカなどに次いでローラースポーツが盛んな国で、次のステップを大きく踏み出す。

横須賀版のローカルニュース最新6

シニア世代 輝きの発露

横須賀シニア劇団よっしゃ‼

シニア世代 輝きの発露 文化

「黒船」テーマの舞台 2・3月に旗揚げ公演

2月21日号

「想像力膨らませて」

三浦学苑美術部

「想像力膨らませて」 教育

長岡こども園に絵をプレゼント

2月21日号

来年度から追浜で

ベイ秋季キャンプ

来年度から追浜で 社会

2月21日号

看板から学ぶ日本文化

B級食材、味はA級

B級食材、味はA級 経済

未利用資源の活用探る

2月21日号

求めるのは「ユニークさ」

アイデアプレゼン大会

求めるのは「ユニークさ」 社会

士業集団が企画、実現を支援

2月21日号

本の感想シェアしよう

本の感想シェアしよう 文化

異世代が対話交流「読書会」

2月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク