横須賀版 掲載号:2016年1月8日号 エリアトップへ

18歳選挙権 市内で啓発活動進む 新有権者8千人を想定

掲載号:2016年1月8日号

  • LINE
  • hatena
模擬投票を行う生徒たち(緑ヶ丘女子高校)
模擬投票を行う生徒たち(緑ヶ丘女子高校)

 昨年6月の公職選挙法改正により、今夏の参議院議員選挙から選挙権年齢が18歳に引き下げられる。市内では約8千人の有権者増があり、県教育委員会や市選挙管理委員会、市内の高校などでは様々な啓発活動が行われている。

 少子高齢化を背景に、国際標準に追いつく形で70年ぶりに引き下げられた選挙権年齢。新有権者は全国で約240万人、市選管によると市内では約8千人を想定している。

 県教委では、平成23年度から全県立高校で「シチズンシップ教育」を実施。政治参加の一環として、模擬投票などが定期的に行われている。昨年11月には、総務省などが全国の高校に議会の仕組みなどを解説した冊子を配布。担当教員に対しては研修会を行い、「政策の是非について個人の価値観を押し付けない」など、政治の中立性・公平性を保つよう注意を促した。

 市選管でも、私立高校などに対して出前授業を開始。緑ヶ丘女子中・高校では、実際の機材を用いて生徒会役員選挙も行われた。授業について生徒は、「SNSを使った選挙活動の規制が複雑で、知らないと違反してしまいそう」と話し、別の生徒は国政に対し「どの候補者も公約がわかりにくくて違いがわからない」と関心のなさを露わにした。

若者・市議の動き

 県立横須賀高校(公郷町)では、新聞部が昨年行った18歳選挙権についての校内アンケート結果を紙面に掲載。OBでもある吉田雄人市長へのインタビューなどを通して政治参加を呼び掛けた。ほかにも、市内出身者などによる学生団体「スカペンコ」が、学生を対象に市への政策提言を競うコンペを実施するなど注目を集めている。

 市議の中には、「市立小・中学校の統廃合問題など、国政よりも問題意識が芽生えやすい」と今回の改正を好機と捉え、高校前での街頭演説などを有志議員間で計画している人もいる。別の市議は、「フェイスブックなどを通して、活動報告などを発信していく」と話している。

 20代の投票率は平成25年の参院選で60代の約半分、昨年の横須賀市議選でも、26・37%と伸び悩みを見せている。

横須賀版のトップニュース最新6

福祉・子育てに注力

横須賀市新年度予算

福祉・子育てに注力 社会

総合窓口開設、ひとり親支援など

2月21日号

賑わい創出に新機軸

市内2公園

賑わい創出に新機軸 経済

屋外映画やサウナ、スケート

2月21日号

アプリ活用し移動を支援

アプリ活用し移動を支援 社会

車いす利用者の乗り継ぎ利便向上

2月14日号

機能移転で既存棟解体へ

聖ヨゼフ病院新棟完成

機能移転で既存棟解体へ 文化

戦前の建築、凹曲面が特徴 

2月14日号

復興願い続けるつるし雛

復興願い続けるつるし雛 文化

有志が制作 被災地の子どもへ

2月7日号

還暦ギフトに「赤スカジャン」

還暦ギフトに「赤スカジャン」 文化

干支刺繍、ドブ板の服飾店開発

2月7日号

湘南国際村にレンタル農園

湘南国際村にレンタル農園 文化

民間警備会社が開設

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク