横須賀版 掲載号:2016年1月22日号 エリアトップへ

慈眼院 ド迫力の水かぶり 参拝客のご利益願う

掲載号:2016年1月22日号

  • LINE
  • hatena
気温7度の中、水行を行う修法師
気温7度の中、水行を行う修法師

 佐原にある慈眼院(椎名純尚住職)で今月17日、修法師が寒空の中、ふんどし1枚で経文を唱えながら冷水をかぶる「水行」が行われた。

 日蓮宗の僧侶が古くから行ってきた修行の一つで「仏の教えを信じる心」を養うものと言われている。修法師が浴びた水しぶきがかかると、新年の心身清浄と無病息災などのご利益があるとされ、この日も200人の参拝客が訪れた。

 100日間寺の外に出ず、1日7度の水をかぶる「荒行」を終えた修法師のみ行うことができる水行。同寺院では椎名寛尚さんが荒行を終えた9年前から実施している。家族で鴨居から訪れた小原台小の磯貝拓海君(10)は「水はかからなかったけど、すごい迫力だった」と話した。

横須賀版のローカルニュース最新6

創作アーティストの力に

【Web限定記事】ヨガスタジオ運営の小野さん

創作アーティストの力に 社会

ライブ配信マーケットで活動支援

5月29日号

横須賀の経済構造を抜本的に変える時

【Web版限定記事】 《経済》

横須賀の経済構造を抜本的に変える時 社会

平松廣司氏(横須賀商工会議所会頭) 

5月29日号

「ピクトグラム」で感染予防呼びかけ

【Web限定記事】

「ピクトグラム」で感染予防呼びかけ 社会

横須賀美術館の「よこすかくん」が啓発モデルに

5月29日号

その日は必ず来る

その日は必ず来る 文化

シニア劇団がリモート稽古

5月29日号

「働く喜び」を支援

あすなろ学苑

「働く喜び」を支援 社会

クラファンで呼びかけ

5月29日号

2カ所で除菌水配布

【Web限定記事】

2カ所で除菌水配布 社会

横須賀青年会議所が市に協力

5月22日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク